忍者スタンプ

広島叡智学園、大崎上島に新たな中高一貫校が2019年に誕生

広島県の大崎上島に誕生する全寮制の新しい学校名が「広島叡智学園(えいちがくえん)」になった。校舎の完成イメージや学校の特徴について。

広島県教育委員会は、大崎上島(広島県豊田郡)に開校する新たな中高一貫校・グローバルリーダー育成校(仮称)の校名を『県立広島叡智学園』にすると発表しました。

広島叡智学園、大崎上島に新たな中高一貫校が2019年に誕生
広島叡智学園の全景イメージパース

叡智学園(えいちがくえん)の英語名は、Hiroshima Global Academy(広島グローバルアカデミー)。

『学びの変革』をテーマに、「広島や日本に誇りを持ち、高い志を持って世界の人々と協働し、新たな価値を生み出すことの出来る人材」を育てるため、

資格や能力(知識、スキル、意欲・態度、価値観・倫理観)の育成を重視。たくましく生きていく為の“学び続ける力”を育成していく。

広島叡智学園の特徴と、校舎や完成イメージ

広島叡智学園は、以下の6つの特色を持つ学校となります。

  • 外国人留学生も多数受入れし、多様な文化や価値観に触れる
  • 全寮制の中高一貫教育校(6年間)
  • 自然豊かな学習環境(体験やプロジェクトアドベンチャーなど)
  • 国際機関と連携したプロジェクト学習
  • 教科横断型の探求学習
  • 広島の強みを生かした体験活動

校舎や寮などの完成イメージは以下の通り。

広島叡智学園 完成イメージ

教室やラーニングラウンジ、通路などのイメージ図。大きなガラス窓からは明るい自然光が差し込み、緑も広がります。

広島叡智学園の寮

寮は、学園の敷地内につくられる予定となっています。

広島叡智学園 体育館や図書館など

解放感のある図書・メディアセンターや、体育館など。

休日には農業や漁業・伝統文化に関する活動に参加したり、「櫂伝馬競漕」「なぎ太鼓」「ブルーベリー摘み」など、大崎上島の地域に根ざした活動や行事にも参加していく予定。

中学校は1学年40名、高校は1学年60名をベースに検討中で、全寮制。開校予定時期は2019年4月1日となっています。

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2017.09.08 11:30 [writer]Mika Itoh

あわせて読みたい

edit 『 豊田郡 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP