長門の造船歴史館 / 呉市倉橋町

長門の造船歴史館は、広島県呉市倉橋町の桂浜の一角に位置する施設で、島おこしのシンボルとして平成4年にオープン。実物大に復元された遣唐使船が目を引きます。

長門の造船歴史館は広島県呉市倉橋町にある文化施設。日本の渚百選にも選ばれた桂浜の美しい景色の一角にあります。

長門の造船歴史館 外観
長門の造船歴史館(外観)

長門の造船歴史館は1992年に開館。倉橋町は造船業で栄えた町で、ここでは倉橋の造船の歴史が紹介されています。

建物は「コ」の字型になっており、その中央部には全長25m、幅7m、マストの高さ17mという大きさの復元遣唐使船が展示されています。

長門の造船歴史観 復元遣唐使船の姿
復元された遣唐使船

これは倉橋の船大工15名が手掛けたもので、昔の絵巻物に描かれた遣唐使船を参考に復元。船に入ることもできる。

長門の造船歴史館 復元遣唐使船01
下から見上げた復元遣唐使船

このほか、古代から現代までの木造船の模型、造船と海運(海上を利用した旅客輸送・貨物輸送のこと)そして、倉橋町の歴史に関する資料が展示されています。

長門の造船歴史館の施設概要

名称 長門の造船歴史館
住所 広島県呉市倉橋町171-7
入館料 一般400円、高校生240円、小中学生160円(倉橋歴史民俗資料館とセット料金)
※試験的に入館料が変更となっている場合があります
駐車場 桂ヶ浜温泉館の駐車場を利用とのこと
電話番号 0823-53-0016
営業時間 9時から16時30分
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日休館)、年末年始(12月29日から1月3日)
備考 呉市グルメ / 呉市スポット / 周辺おでかけマップ

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2021.09.11 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード