尾長天満宮

尾長天満宮は、学問の神として広く崇敬されている菅原道真公を祀った広島市東区にある神社。広島駅北口から徒歩約10分の場所・二葉山の麓に位置している。

広島駅の北に位置する尾長天満宮は、菅原道真公を祀った神社。菅原道真公は、平安時代(西暦901年)に無実の罪で九州大宰府に左遷される途中、当時の二葉山の麓は海だった為この地に船を寄せて、山に登り石に腰をかけ休息されたと伝えられています。

尾長天満宮01
尾長天満宮の社殿

その後、江戸時代(西暦1640年) この位置に本殿や拝殿などが建立され「尾長天神宮」となり、明治以後は「尾長天満宮」と改められました。

尾長天満宮02
入り口の鳥居と門

また、昭和20年の原子爆弾の爆風により大破したが、焼失は免れたため広島市被爆建物保存工事が行なわれました。

尾長天満宮03

尾長天満宮04
門の左右に鎮座

尾長天満宮05
門の左右に鎮座

本殿・拝殿は大正15年の豪雨で倒壊、その後数年を経て現在の社殿が再建されました。

尾長天満宮07
登龍門

尾長天満宮08
絵馬

尾長天満宮09

尾長天満宮10

二葉山の麓には、尾長天満宮の他に広島東照宮金光稲荷神社鶴羽根神社」など多くの神社が建てられています。

尾長天満宮について

尾長天満宮06

住所 広島市東区山根町33-16
駐車場 第一駐車場3台(9番・10番・11番)、第2駐車場台6台
電話番号 082-262-2679
アクセス 広島駅北口(新幹線口)より北(ニ葉山)方面に徒歩約10分
備考 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2018.11.15 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード