大島神社(三原市)

大島神社(三原市)はかつて、三原に浮かぶ島・大島に建てられていた稲荷神社。埋め立てを行い島を繋いで作った三原城の築城後、大島にあった稲荷神が現在の場所に移設されました。

三原城の築城前、三原城天主台の位置にあった海に浮かぶ島・大島に祀られていた「稲荷神」。小早川隆景公が三原城築城時に、もともとあったこの稲荷神を白の守護神として祀っていましたが、

大島神社 石門
階段を登り切ったところにある石門

築城後に城の守護神として祀られていた厳島神と稲荷神を合祀し、守護神として現在の大島神社の場所に移されたと言われています。

大島神社 鳥居

大島神社の参道はなだらかな石段が続き、山裾に境内が。

大島神社と周りの風景

大島神社 階段入り口
階段入り口

かつて「小島」に建てられていた小島稲荷や隆景の崇拝していた久井稲荷も、境内の西隅に祀られています。

大島神社 おひなまつり
おひなまつり開催時

三原のひな祭りイベント「みはら彩るまち歩き おひなまつり」では、石のお雛様が神社やお寺の石段に飾り付けられます。

大島神社(三原市)について

大島神社 パノラマ

住所 広島県三原市本町3丁目6-12
駐車場 無し
電話番号 【三原観光協会】0848-67-5877
アクセス 三原駅から徒歩約15分
トイレ 無し
備考 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

2019.02.28 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード

ページ上部へ