住吉橋

広島市中区の「住吉橋」は、昔から幾度も水害で流されましたが、流失から生まれた 我が国初の ローゼ橋が 昭和29年3月に完成しました。

住吉橋は、広島市中区住吉町から舟入本町(太田川本川)に架かる橋。すぐ北側の国道2号線には「新住吉橋」が架かっており、2つの橋の脇に住吉神社があります。

住吉橋01

その昔、広島城下では 城の防衛のため橋を架けることは許されず、渡し船での往来を余儀なくされていたのだそう。住吉橋はそんな時代に太田川(本川)を挟む両地区の有志の出資により木の橋が架けられました。これが初代の住吉橋とされています。

住吉橋02

その後コンクリート造の橋に架け替えられるも、被爆・水害により流失。さらに昭和26年に鉄筋コンクリート橋で復旧、だがこれも台風の影響で流失。

現在の姿になったのはこの後に掛けられたもので、これまでの被災状況を踏まえ、様々な専門家も関わり完成。

広島県HPでは「住吉橋は我が国初の鋼ローゼ橋(ローゼ橋はアーチ橋の一種)」と紹介しており、アーチと水平な桁で曲げを均等に分担する形状が特徴的です。

住吉橋について

住吉橋03

名称 住吉橋
住所 広島市中区住吉町~広島市中区舟入本町(太田川本川)
完成 昭和29年3月
橋長 137.5m
備考 広島市中区グルメ / 周辺スポット / 中区おでかけマップ

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2020.09.03 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード