アストラムライン(広島新交通1号線)

アストラムラインは、広島市中区の本通りから、広島広域公園前(修道大学前)までを繋ぐ広島市の新交通システム路線。本通駅、県庁前駅、新白島駅のみ地下に駅があり、その他は橋上駅となっている。

アストラムラインは、1994年8月より広島市で運行開始した、案内軌条式鉄道。

アストラムライン01

アストラムラインは愛称で、正式名称は「広島新交通1号線」。愛称は、明日(アス)と電車を意味する「トラム」、路線を意味する「ライン」を合わせて「アストラムライン」と名付けられた。

昭和40年代から広島都市圏内の北西部の人口急増に伴い、深刻な交通問題が生じていた為、5年5ヶ月の建設期間を経て運行が始まりました。

アストラムライン02

アストラムラインは専用にひかれた橋(専用軌道上)を走るため、踏切や交差点・渋滞がなく安全なのが特徴。

アストラムライン03

全長18.4kmの路線の駅数は22で、アストラムラインの駅はほぼ橋上駅。そのうち、本通駅、県庁前駅、新白島駅の3駅だけが地下にあります。

アストラムライン

車内に車掌はおらず、ワンマン運転となっています。

アストラムライン05

アストラムライン07

広島交通科学館(ヌマジ交通ミュージアム)の隣に広島高速交通の本社があり、本社ビル横にアストラムラインの車庫があります。

アストラムライン(広島新交通システム)について

会社名 広島高速交通株式会社
住所 広島市安佐南区長楽寺二丁目12番1号
運行区間 本通駅~広域公園前駅
停車駅数 22駅
備考
周辺 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット

※内容は執筆時のもの。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2017.10.22 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード

ページ上部へ