蒲刈島御番所跡と、復元された松濤園内 蒲刈島御番所

瀬戸内海の要所であった蒲刈島には、絵江戸時代に「蒲刈島御番所」がありました。蒲刈島御番所跡地には現在、常夜燈と石柱が立てられており、隣に建つ松濤園内にかつての「蒲刈島御番所」が復元されています

蒲刈島御番所は、江戸時代の蒲刈島(現在の下蒲刈町:広島県呉市)にあった番所。かつて蒲刈島御番所のあった場所に、現在は常夜燈と「蒲刈島御番所跡」の文字が彫られた石柱が立てられています。

蒲刈島御番所跡に立てられている常夜燈
蒲刈島御番所跡

瀬戸内海の交通の要所として、江戸時代に海駅に指定されていた蒲刈島(現 下蒲刈町)には、本陣や番所が設けられていました。

かつて蒲刈島御番所があった場所の隣には現在、4つの資料館を持つ松濤園(しょうとうえん)があり、4つのうちの1つが「蒲刈島御番所」を復元した建物となっています。

  • 朝鮮通信使資料館(朝鮮通信使の歴史を紹介)
  • 陶磁器館(古伊万里の名品を展示)
  • あかりの館(世界中の灯火器のコレクション)
  • 蒲刈島御番所(かつての建物を復元)

蒲刈島御番所跡 松濤園内の位置
松濤園内に復元された、蒲刈島御番所

蒲刈島御番所跡 松濤園内のマップ
松濤園内のマップ

松濤園内に復元された「蒲刈島御番所」は、他の資料館とあわせて見学することができます。

松濤園に復元された、蒲刈島御番所

以下は復元された蒲刈島御番所。広島県の文化財にも指定されています。

蒲刈島御番所跡 復元された御番所
復元された蒲刈島御番所(入口)

蒲刈島御番所跡 御番所の外観
蒲刈島御番所の外観

蒲刈島御番所跡 御番所内
蒲刈島御番所内

蒲刈島御番所に備えられていたと言われる弓と鉄砲や、道具立てには突棒・ガリ棒(袖搦み)・サス棒(刺又)なども。建築当初の形が復元された施設内で、当時を感じてみては。

蒲刈島御番所(復元)の施設概要

復元した蒲刈島御番所を見学可能

名称 蒲刈島御番所(かまがりじまごばんしょ)
住所 広島県呉市下蒲刈町下島2277-3(松濤園内)
入館料 大人800円、高校生480円、小中学生320円
電話番号 0823-65-2900 (松濤園)
休館日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)
関連 下蒲刈島に関する記事
備考 呉市グルメ / 呉市スポット / 周辺おでかけマップ

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2021.05.02 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード