黒田の赤クラブ復活!8年ぶりにカープカラーのグローブで気合

広島カープの黒田博樹投手が、8年ぶりに赤いグローブ!ゴールドの刺繍で名前と背番号を刻み、グラブのポケットには黒田投手の好きな言葉「氣」の文字が

広島カープの黒田博樹投手が、8年ぶりに赤いグローブを沖縄キャンプ初日から使用しお披露目しています。

黒田の赤クラブ復活!8年ぶりにカープカラーのグローブで気合

黒田投手といえば、ヤンキース時代には黒いグローブ、沖縄入りする前日にマツダスタジアムで練習した時には黄色いグローブを使用していましたが、沖縄キャンプインに合わせて赤いグローブに切替えました。

ads

2015 黒田投手のグローブは、SSKの赤!

FA移籍する前、黒田投手のカープ時代に使用していた赤グローブ。2015年のカープ復帰に合わせ、黒田選手は新たに赤グローブを用意。

黒田投手の2015グローブは、SSKの赤

グローブの表・親指のあたりには「15」と「黒田博樹」という背番号と名前をゴールド色で刺繍。

黒田投手の2015グローブ、SSKの赤に氣の刺繍

さらに、グローブのポケット(網目になっている部分)の内側には、黒田選手の好きな言葉「氣」の文字が黒い糸で刺繍されています。

沖縄キャンプ初日には緒方監督から円陣を組んだ時の掛け声を指名された黒田投手。照れながらも「もう40歳になるので、先は長くはない。覚悟を持って来ました。皆さんと一緒に戦っていきます」とまっすぐな気持ちをぶつけていました。

40歳 黒田博樹投手の「氣」が、若い選手にも良い刺激になって行きそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP