クールビズが2016もスタート、天達気象予報士の店内アナウンスも

2016年も5月1日からクールビズがスタートします。広島でもクールビズファッションの提案からグッズ販売、さらにビアガーデンが!暑さを回避しながら、楽しむ季節です。

クールビズの季節がやってきました。夏季の室温(エアコン)を28℃に設定してもオフィスで快適に過ごせる服装「クールビズ」を、2016年5月1日から9月30日まで実施すると環境省が発表しました。

2016 クールビズが2016もスタート、天達気象予報士の店内アナウンスも
画像はイメージ

クールビズはこれまで10月まで実施されていました。近年の気温状況や衣料品の売り場などの実態にあわせ、今年は1か月短く設定していますが、10月も暑い日の室温設定の管理や各自の判断による軽装を、引き続き呼びかけていくとのこと。

広島でも県の職員に、クールビズファッションであるノーネクタイ・ノージャケット、カジュアルな服装を職員に推進することを県庁が発表。

また、全国の百貨店222店舗でもクールビズが同日スタート。ファッションの提案から節電グッズの販売、冷房温度の緩和、そして、気象キャスター天達武史さんらが店内放送(録音)を通じてクールビズ・節電を呼び掛ける新たな試みも。

広島では日本百貨店協会の会員店(広島そごう、天満屋各店、福屋各店、広島三越)で実施されます。

このほか、4月28日~そごう広島展屋上にて/5月7日~広島三越屋上にてそれぞれビアガーデンがスタート。百貨店だけでなく、各飲食店やスーパーなどで暑い季節ならではのサービスが他にも続々と登場しそう。

さらに見るだけで涼し気な気持ちになる「浴衣」、広島ではとうかさん大祭が “浴衣の着初め”の祭りとも言われており、2016年は6月3日開催の予定です。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP