広島舞台のドラマがエキストラを募集、2016年夏放送

広島を舞台にしたドラマが、3月24・28日にエキストラを募集しています。ドラマ「ふろたき大将~故郷へ帰る」は2016年夏に放送予定。

2016年の夏に放送が予定されている、NHK広島放送局が制作するドラマ「ふろたき大将~故郷に帰る~」が、エキストラを募集しています。

2016年夏公開の広島が舞台のドラマ、エキストラを募集
写真はイメージ/奥が似島

このドラマは、原爆投下からわずか9年後に公開された映画『ふろたき大将』の60年後を描くストーリー。主演は、前作で主演を務めこれがデビュー作でもあった石橋蓮司さん。

映画では、原爆孤児だった少年が似島にたどり着き、そこでの暮らしで生きる勇気を取り戻していく姿を描かれていましたが、ドラマではその少年の60年後を描く。わけあって似島に背を向けていた彼が、2人の若者との出会いをキッカケに、66年ぶりに似島の地を踏むことになる。

出演者は石橋蓮司のほか、葉山奨之、池田エライザなど。

ads

ロケ地は広島市、エキストラ募集内容

ドラマのエキストラの募集のロケ地は、以下の2か所。

3月24日 広島市南区 時間は8時30分~9時30分(予定)、フェリーから降りてくる客・男女10名(雨天の場合は31日に変更)
似島からのフェリーで宇品港に到着する人という設定。服装はスーツでなくても可。あまり華美ではなく、外出する格好で(キャラクターロゴが付いた服はご遠慮ください)
3月28日 広島市中区 時間は13時15分~16時ごろ(予定)、銭湯の客60歳以上の男性1名、女性1名。銭湯のオープン前に数人で話をしているシーン。
服装は、先頭に行く格好(タオルなど)。桶は不要。ロゴのついた服はご遠慮ください。

エキストラの応募や問合せは、NHK広島の押田さん(090-9701-4194)まで。ドラマのあらすじは以下。

家族もなく、一人で生きてきた老人・宮田徳三(石橋蓮司)の元に1本の電話が。 「もしもしオレ…」自分を騙そうとする青年・透(葉山奨之)の嘘を徳三は一発で見破り、オレオレ詐欺を撃退。 透は得意の芝居が通じず詐欺集団から追放され、恨みを募らせる。 そんな頃、キャバクラで働く玲奈(池田エライザ)と出会った徳三は、似島学園の後輩とわかり意気投合。 しかし玲奈は透の恋人で、ふとしたきっかけで2人を引き合わせてしまう。 奇妙な三角関係の中、66年ぶりに似島の地を踏む…。 ふろたき大将~故郷に帰る~

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP