春秋航空日本、ついに広島就航8月1日から

中四国初のLCC(格安航空)、春秋航空日本がいよいよ今日、2014年8月1日に成田から広島・高松・佐賀空港の三都市に就航します。

中四国初のLCC(格安航空)、春秋航空日本がいよいよ今日、2014年8月1日に成田から広島・高松・佐賀空港の三都市に就航。

春秋航空日本、ついに広島就航8月1日から
Photo by INOUE Takeshi jp

当初は5月末の就航が予定されていましたがオペレーション(航空機の運航管理)の質の向上、乗員養成の遅れを理由として2度、就航時期が延期となっていました。

広島-成田が片道5690円からという価格の安さに早期就航が待たれていましたがいよいよ運行開始。

ダイヤは以下の2往復で、使用される機材はボーイング737-800(189席)。

広島⇒成田
9時20分⇒10時50分
18時50分⇒20時20分

成田⇒広島
6時55分⇒8時35分
16時25分⇒18時05分

岩国空港が開港した事で変化した利用客の流れですが、広島空港へのLCC就航でまた変化が出てきそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP