セブンカフェ、セブンイレブンが 入れたて100円コーヒー販売開始

セブンイレブンが、2013年8月末までに 全国1万5000店へ セブンカフェをスタートさせる事を発表しました。100円コーヒーの セブンカフェ について詳細はこちら

セブンイレブンジャパンが、2013年8月末までに 全国1万5000店へ セブンカフェをスタートさせる事を発表しました。

セブンカフェ とは、コンビニエンスストア セブンイレブンの店舗内レジカウンター周辺にセルフ式専用サーバーにてできたてのコーヒーを販売する というもの。

セブンカフェ、セブンイレブンが 入れたて100円コーヒー
Photo by sej.co.jp

最近では レジで注文するとお盆に乗せて提供してくれるローソンのマチカフェ や セルフレジ前のコーヒーマシンでボタンを押してセルフでコーヒーを注ぐ ファミマ・サークルKサンクス など、コーヒーファンの獲得にしのぎを削っています。

セブンカフェ は2013年1月から順次に導入しはじめたようですが 比較的他社に遅れる形となっています。

しかし、他社とはまた違うこだわり感と高級感を持ち合わせるのが セブンイレブンの セブンカフェ。

ads

ペーパードリップ式のマシンを独自で開発!豆にもこだわり

セブンカフェのこだわりは、まずコーヒーマシンから。

「セルフ式のコーヒー」と聞いて思い浮かべるのは、ファミレスのドリンクバーのような 10秒前後で出来上がるコーヒー。

しかし、セブンカフェで使用するマシンはコーヒーボタンを押してから 豆挽き/蒸らし/抽出 を行うため 1杯ができあがるまでに45秒。マシンの中では1杯ごとにペーパードリップされているそうです。

セブンカフェ マシンなどの画像

これに加え、コーヒー鑑定士の風味確認を経た「ウォッシュドハイグレードアラビカ豆」を100%使用。焙煎した生豆は、品質の劣化を防ぐため、チルド配送!

「たかが100円コーヒー」なんて言えない?ほどの力の入れ様に、かなり興味津々です。

今までに、セブンイレブンのおよそ2000店舗でセルフ式の「バリスターズカフェ」が導入され、エスプレッソが販売されていましたがこれも順次 セブンカフェ に切り替わっていくようです。

マクドナルドもコーヒーに力を注いでいますし、コーヒー戦争にさらに拍車がかかります。

セブンカフェ 価格は▼
ホットコーヒーR 100円
ホットコーヒーL 150円
アイスコーヒーR 100円
アイスコーヒーL 180円

近くて便利、セブンイレブン

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP