バレンタインには薔薇の花を!贈る本数で意味が変わる、バラの花言葉

愛の花・薔薇は贈る数、本数で意味が変わる!バレンタインデーには、チョコレートではなく花を贈り合うのが一般的な海外のバレンタイン。特に、バラには本数で異なる花言葉や意味があるんだそうです。

2月14日、バレンタインデー。今日はどこに行ってもバレンタインやチョコレートの話題で盛り上がっていますね。そんな中、廿日市市役所では、ロビーにバラの花が沢山飾り付けられ、フラワーバレンタインをPRしていました。

バレンタインには薔薇の花を!贈る本数で意味が変わる、バラの花言葉

バレンタインデーというと、日本では「女性から男性に愛を伝える日」としてチョコレートを贈るのが一般的になっていますが、

ヨーロッパなど海外では、男女がお互いに気持ちを伝えあう日として、お花やメッセージカードを贈りあっているのだとか。「お互いに」というのが素敵ですね。

ads

種類も色も様々で可憐な、バラの花

愛の花といえば、薔薇!

バレンタインに花を贈ろう

「情熱の愛」や「尊敬」などの花言葉を持つ薔薇は、広島県内で生産量がナンバー1なのが廿日市市。そのため、廿日市市はフラワーバレンタインを応援しているようです。

廿日市市でフラワーバレンタイン

薔薇にも、色や形も沢山あるので、どれを選んで花束にするかで随分と雰囲気が変わりそうです。

青いバラも

広島県にある『恋人の聖地』 スポット情報

贈る本数で意味が変わる、バラの花言葉とは

ちなみに、台湾では「贈る薔薇の本数」によって、メッセージの意味が変わってくるんだそうですよ。詳細は以下の通り。

1本の薔薇 「私にはあなただけ」
3本の薔薇 「愛しています」「告白」
7本の薔薇 「密かな思い」「あなたに夢中」
11本の薔薇 「最愛」
40本の薔薇 「私の愛は純粋です」
99本の薔薇 「永遠に」「ずっと一緒にいよう」
100本の薔薇 「100年続く愛」
108本の薔薇 「結婚してください」

via.バレンタインデーの各国事情 / The Meanings of the Numbers of Roses

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP