金メダリストの地元で記念切手を発売、広島は金藤理絵選手

リオオリンピックの金メダリストの功績をたたえ、東京中央郵便局と各選手の地元の中央郵便局が記念切手シートを販売開始。オンラインショップでは2週間限定で注文販売を受付中。

日本時間の8月22日に閉幕したリオデジャネイロオリンピック。大活躍だった日本選手たちの金メダル獲得を記念して、金メダリストの写真がプリントされたフレーム切手を日本郵政が発売開始。

金メダリストの地元で記念切手を発売、広島は金藤理絵選手
Photo / post.japanpost.jp

取り扱いは、金メダルを獲得した選手の出身地の中央郵便局とオンラインショップ「切手SHOP」。また、東京中央郵便局では全種類を取り扱うとのこと。

フレーム切手は82円切手が5枚ついて1シート1400円。それぞれの郵便局では1000シートずつ用意され、東京中央郵便局で売り切れた場合は販売開始から1週間予約受付。

広島中央郵便局でも、広島県庄原市出身の金藤理絵選手(水泳/競泳 女子 200m平泳ぎ)の記念切手が8月22日より販売開始。窓口の方によれば23日現在ではすでに完売となっており、窓口での追加販売はないとのこと。

オンラインショップでは販売開始より2週間限定で受注販売となっています。販売開始時期は選手によって異なるため販売終了時期にはご注意を。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県出身の有名人 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP