雪いちご、茶房つるやの生苺を使った和菓子屋さんの かき氷

広島市中区にある小さな和菓子屋さん「茶房つるや」さんで提供されている かき氷「雪いちご」が濃厚で美味。純度にこだわったお水と自家製の蜜がかかった かき氷を頂くことが出来ます。

広島市中区のかき氷といえば、メガトン級サイズを誇る「こがね食堂の宇治金時」もオススメですが、同じ通りの4~5軒となりにある小さな和菓子屋さん「茶房つるや」さんのかき氷も見逃せません。

雪いちご、茶房つるやの生苺を使った和菓子屋さんの かき氷

茶房つるやは、和菓子屋さんの奥にカフェがある和カフェで、この季節になると純度にこだわったお水と自家製の蜜がかかった かき氷を頂くことが出来ます。店舗は袋町小学校の目の前で、2階には美容院が入っています。

広島 和菓子店、茶房つるや

間口は小さいので見過ごしてしまいそうですが、氷の旗が小さくアピールしています。

ads

広島市袋町にひっそり佇む、小さな和カフェ

店内に入ると、美味しそうな和菓子がショーケースに並べられています。こちらはテイクアウト用。

広島和菓子店、茶房つるや

喫茶利用は、そのまま奥のテーブル席に案内されます。

茶房つるや 店内の様子

お店の外に置いてあったオススメメニューのかき氷「雪いちご」と、「抹茶ぜんざい」を注文してみます。以下は、かき氷「雪いちご」。

雪いちご、茶房つるやの かき氷

茶房つるやさんで提供しているかき氷のイチゴ味は「いちごみるく」と「雪いちご」の2種類あり、両方とも氷は純度にこだわったものが使用されており、違いは

いちごみるく(600円)… いちご果汁を使った蜜と練乳

雪いちご(700円)… 生イチゴを浮かべて作った氷を粉雪のようにスライスし、最高級の「鬼ざら糖」を使った蜜と練乳で仕上げた極上かき氷

となっていました。100円しか違いません。

茶房つるやの雪いちご

氷そのものに苺が入っているので、中のほうまでしっかり綺麗な苺の色。氷はかなりきめ細かく削られていて、口どけは本当に粉雪のよう。味は生苺が入っているだけあって、とても濃厚です。

抹茶ぜんざい 茶房つるや

そしてこちらが、抹茶ぜんざい。京都宇治産抹茶を使用したお抹茶のぜんざいになっていて、中には粒あんと白玉、栗が入っています。(白玉はお餅とどちらかが選べます)

抹茶ぜんざい 甘さ控えめ

甘みは、中に入っている粒あんの甘みのみで、甘さ控えめになっています。添えられていたお漬物とも相性がいい。価格は750円。

茶房つるやさんの喫茶メニューにはこのほか、クリームあんみつや みたらし団子、わらび餅など、美味しそうな和菓子メニューがいろいろありました。今度は別メニューも挑戦してみたい。

茶房つるや
住所広島県広島市中区袋町4-5 袋町渡辺ビル1F
時間11:00~19:00
駐車場なし、近隣に有料パーキング有
問合せ082-245-2680

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP