ラーメン与壱、赤ちょうちんに暖簾の昭和な店で広島ラーメンを

濃くてウマイ、「広島ラーメン」が食べられる、ラーメン与壱本店。横川の人気店です。

「与壱(よいち)のラーメン、たまらん。」
そんな口コミを聞いて訪れたのは広島市西区横川にある、ラーメン与壱本店。

JR横川駅の裏手、市立三篠小学校の近くにあるこのお店の外観は“この地に店を構えて数十年”という感じの老舗感が漂っていて、車で通りすぎるとわからないくらいの入口の小ささ。

ラーメン与壱、赤ちょうちんに暖簾の昭和な店で広島ラーメンを

ラーメン与壱 外観

与壱の文字の入った赤ちょうちんと年季の入った暖簾が昭和風味を際立たせます。

「どんな頑固おやじが待っているのだろう…」と少々ドキドキしながらお店に入ると、爽やかな笑顔でハキハキした若い大将が出迎えてくれてびっくり。

初来店でしたが、どこか懐かしさを覚えるラーメン与壱で、ラーメンを頂きました。

ads

濃いめ“広島ラーメン”と、数量限定の汁なしそばも

ラーメン与壱 大将
若い大将が迎えてくれる。

与壱で注文したのは、以下。

「らーめん(600円)」
ラーメン与壱 ラーメンの画像

やや小さめの丼いっぱいに注がれたスープはアツアツのため、カウンターに乗せられた丼をスタッフさんが手前までわざわざおろしにきてくれる。

醤油とんこつ系のスープは濃く、少し時間が経つと表面に膜がはってくるくらい。スープだけで白ごはんが食べられそうですが、しつこくなくて美味しい。
ラーメン与壱 ラーメンの画像2

細もやし・しっかりと歯ごたえのあるチャーシュー・ネギが入ったオーソドックスなラーメンですが、女性でも最後までおいしくいただける量。

健康を考えると良くない事は分かっているけれど、思わず最後までスープを飲んでしまいそうでした。

変わり種として、1日数量限定という「汁なしそば(580円)」は作るのに時間がかかるようで、メニューにも「ラーメンを優先して作りますので予めご了承ください」とのこと。

ラーメン与壱 汁なしそば

こちらはいわゆる“汁なし担担麺”と似たメニューですが、ラーメンと同じくネギ・チャーシュー・もやしという具が入ったもの。

「山椒が入りますが、辛いのは大丈夫ですか?」と、会話の中で大将が辛さを調節。刺激が足りなければ言ってくださいね、とのこと。

ラーメン与壱 汁なしそば2

丼の底に入った赤いダシはしっかり混ぜても多少残るくらいありますが「唐辛子」というよりも山椒の辛さが強めに感じられます。担担麺はミンチが使われていますが、与壱の汁なしそばは“ラーメン感”が残る1杯でした。
ラーメン与壱 店内の様子

店内は7席ほどのスペースのみですが、いろんな方のサインが壁に貼ってあったり、ピーク時間をはずしても行列がある、という話も聞くほど。

ラーメン与壱 店内の様子2

夜は22時30分までですが、スープがなくなり次第終了とのことなのでお気を付けを。

ラーメン与壱 外観写真2

ラーメン与壱
住所広島市西区三篠2丁目10-2
営業時間月曜から土曜:11時半から15時、17時から22時半/日・祝日は夜22時まで
定休日火曜日
駐車場なし。近隣に有料コインパーキングあり
電話080-1914-2676


ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 西区 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP