公開:2022/06/04 伊藤 みさ │更新:2022/06/04

休暇村吾妻山ロッジを無償譲渡、国定公園内で閉館したホテル・希望者を募集

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 庄原市 スポット 観光

2021年3月に閉館した旧「休暇村吾妻山ロッジ」が、事業用地を希望者に無償譲渡予定であると発表。希望者を募集し2022年6月17日に現地説明会を実施する

休暇村協会は、広島県庄原市の旧・休暇村吾妻山ロッジを無償譲渡するとして、譲り受け希望者を募集しています。

休暇村吾妻山ロッジを無償譲渡、国定公園内で閉館したホテル・希望者を募集

旧・休暇村吾妻山ロッジは、比婆道後帝釈国定公園吾妻山集団施設地区内の、標高1000m付近に位置する宿。雪深い立地でもあり、冬季は休館する自然豊かな場所です。

吾妻山ロッジは吾妻山の登山客などに親しまれ、紅葉シーズンに特に賑わう宿でした。

しかし新型コロナの影響を受けるなどで2021年3月に閉館。正式には3月閉館でしたが冬季休館に入るため、2020年11月中旬に最後の宿泊客を送り出し、この時が実質的には閉館となりました。

旧 休暇村吾妻山ロッジ 宿舎外観
2020年11月撮影時の宿舎外観

閉館から1年以上が経ち、吾妻山ロッジは宿泊事業を計画する法人に向けに「無償譲渡」する予定として2022年6月8日まで希望者を募り、現地説明会を行う。

譲渡契約締結時には開業準備金として1000万円を提供するという。

旧 休暇村吾妻山ロッジ 物件概要と説明会

旧 休暇村吾妻山ロッジ無償譲渡へ、希望者を募集

旧 休暇村吾妻山ロッジ 客室の様子
営業時の客室の様子

旧 休暇村吾妻山ロッジ お風呂の様子
山水を沸かしていた営業時のお風呂の様子

物件概要

種類  宿舎・車庫
構造  鉄筋コンクリート2階建(宿舎)
建築面積  (宿舎) 1365平方メートル、(車庫) 114平方m
延床面積  (宿舎) 1796平方メートル
宿泊定員  53人(和室17室)
館内設備  客室、風呂、レストラン、宴会場件会議室、ロビー他
建築年月  1980年6月竣工(1995年改修)
事業用地  休暇村協会は広島県所有地(集団施設地区)内で、宿泊事業用地として10775平方メートルを借用

特記事項  休暇村協会は譲渡契約締結時に開業準備金として1000万円を提供

現地説明会

開 催 日  2022年6月17日(金)14時~
問合せ先  一般財団法人休暇村協会企画調査部(担当:青木)(TEL:03(6706)2103 / E-mail:aoki_gen@qkamura.or.jp)
締め切り  2022年6月8日(水)16時まで【事前申し込み必須】
会  場  〒727-0321 広島県庄原市比和町森脇
対 象 者  広島県内に事業所を有し、自然公園法における宿舎事業を計画する法人

LINEでこのページを送る
   

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際はご確認ください。



カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 庄原市 スポット 観光 』の一覧