カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.06.14 Mika Itoh /最終更新日:2019.06.14

横川ガード下に軒を連ねた飲食店街、立ち退きまでの3年を追ったドキュメンタリー

横川駅の高架橋工事に伴い、ガード下に軒を連ねていた44の店舗が一斉立ち退きを言い渡され…店主たちの立ち退きまでの3年間を追ったドキュメンタリー番組がホームテレビにて放送。

2019年6月1日、JR横川駅の高架橋耐震工事を終え、高架下には一部の新店舗がオープンしました。駅北周辺がリニューアルする前、ここガード下には、赤ちょうちんが揺れる昭和の飲食店街がありました。

横川ガード下に軒を連ねた飲食店街、立ち退きまでの3年を追ったドキュメンタリー

3年前、高架下に軒を連ねていた全44店の店主たちには、突然、耐震工事のための「一斉立ち退き」が言い渡され、

ここで今まで商売をしてきたお店は、ガード下で商売を継続するか、ガード下を離れ移転するか。または廃業か―。いずれかの選択を迫られることに。

その結果、移転や廃業という“ひとつの区切り”を迎えた店主たちもいました。

広島ホームテレビでは2019年6月23日の深夜0時55分から、ひと区切りを迎えたガード下に店を構えていた店主たちの姿を追ったドキュメンタリー番組「横川ガード下とおやじ店主たち ~立ち退きまでの3年間~」を放送。

横川では知られた人気の中華料理店「紅蘭」の店主や、ガード下の開業当時から店を構えている「山中酒店」の店主の姿をを通じて、今後の街の行方を考える。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ