忍者スタンプ

公開日:2018.03.31 Mika Itoh /最終更新日:2018.03.31

ドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」常盤貴子・川栄李奈らキャスト決定、広島を舞台に8月6日放送へ

ドラマ化される『夕凪の街 桜の国2018』のあらすじ、出演者など。広島が舞台の こうの史代の名作マンガを原作に、オリジナルストーリーを加えたドラマが、常盤貴子 主演で2018年夏に放送決定。

こうの史代の名作マンガ「夕凪の街 桜の国」を原作にドラマ化が決定した『夕凪の街 桜の国 2018』の出演者が発表されました。

ドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」常盤貴子・川栄李奈らキャスト決定、広島・東京が舞台

「夕凪の街 桜の国」は、原爆投下から10年後の広島を舞台に、原爆被害に苦しみながらも強く生きる家族の姿を描いた物語。ドラマでは、原作の設定を2018年に置きかえ、オリジナルストーリーを加えた。

主演は常盤貴子。そのほか、川栄李奈、小芝風花、平祐奈、工藤阿須加、浅利陽介、谷原章介、柏原収史、佐川満男、キムラ緑子、橋爪功の出演が決まっています。

ドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」あらすじ

主演を務める常盤貴子さんは以下のようにコメントしています。

発売当時、友達と「映像化したら素敵だねぇ」と話していた、その作品にまさか自分が関われるとは、思ってもみませんでした。大好きなこうの史代さんの世界に自分が入れることは、喜びと、恐れ多い気持ちとの間で行ったり来たりしていますが、原作のファンだから感じられることがあるのかも、と、参加させて頂くことにしました。
実は私、これまでの人生で広島市内に行ったことがありません。そのことがずっと心に引っかかりながらも、「いつの日か」と、その気持ちを置き去りにしてきました。私と同じような人たちにとって、このドラマが、広島に生き、守ってきた人々とを繋げるバトンになれたら、と願うばかりです。

ドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」は、NHK広島放送局が開局90年を迎えることを記念して制作。

夕凪の街 桜の国 2018、ドラマ化決定!広島・東京が舞台
原作の夕凪の街 桜の国

あらすじは以下。

石川七波(常盤貴子)はある日、行き先も言わずにフラフラと家を出て行った 認知症の疑いのある父・旭を追いかけると、父は広島に向かっていた。姪の風子(平祐奈)も合流し尾行する七波は、旭は亡くなった自分の姉・平野皆実の足跡を尋ねていることに気づく。
皆実は13歳のとき広島で被爆したが、昭和30年、23歳になるまで広島で暮らしていた。心の傷に悩みながらも、職場で出会った青年と恋に落ち、小さな一歩を踏み出しかけたとき、忘れかけていた“原爆”が再び皆実を襲い…。
平成30年の夏、七波は旭を追って行った広島の旅で、これまで隠されてきた家族の歴史を知ることになる。

ドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」の放送は2018年8月6日、NHK総合テレビにて午後7時30分~8時43分まで。

ads
LINEでこのページを送る
 

カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ