忍者スタンプ

この世界の片隅に、実写ドラマに松坂桃李ら!広島でエキストラ募集

アニメーション映画化され大ヒットした「この世界の片隅に」が2018年夏に実写ドラマ化が決定。松本穂香・松坂桃李が主人公夫婦を演じる。物語の舞台となる広島と呉ではロケも行われエキストラも募集。

第2次世界大戦中の広島・呉を舞台に、強く生き抜こうと前を向いていく女性とその家族の姿を描いた物語、こうの史代「この世界の片隅に」が実写ドラマ化(連続ドラマ)が決定しました。

この世界の片隅に、実写ドラマに松坂桃李ら!広島でエキストラ募集
この世界の片隅に / アニメ映画

2018年7月から放送開始予定の日曜劇場「この世界の片隅に」で主人公・すずを演じるのは、3000人のオーディションから選ばれた松本穂香。すずの夫・周作を、「孤狼の血」でも広島に縁のあった松坂桃李が務める。

その他の出演者には、以下の俳優・女優が決定しています。

  • 尾野真千子 … 周作の姉・黒村径子役
  • 田口トモロヲ … 周作の父・円太郎役
  • 伊藤蘭 … 周作の母・サン役
  • 伊藤沙莉 … 北條家の隣人(ドラマオリジナルキャラクター)
  • 土村芳 … 北條家の隣人の主婦・堂本志野役
  • 久保田紗友 … すずの妹・すみ役

広島・呉ロケのエキストラ募集

ドラマ「この世界の片隅に」では、広島県内でも撮影が予定されており、広島ロケのエキストラも募集中。

撮影日は5月17日~24日の10時~20時ごろまで。撮影地は、広島市および呉市内で、年齢不問・老若男女を募集中する。

エキストラの役柄は、昭和前期の呉市民・広島市民・軍人・商人など。エキストラ出演に関しては出演料や交通費支給などの金銭による謝礼はないが、非売品のドラマ限定オリジナルグッズがプレゼントされるとのこと。

詳細・応募は、TBSの公式サイト「ボランティア・エキストラ募集」ページでご確認下さい。ドラマ「この世界の片隅に」は、2018年7月スタート(予定)で毎週日曜日の夜9時~9時54分放送。

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2018.05.06 18:00 [writer]Mika Itoh

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ