カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/06/20 伊藤 みさ │更新:2021/06/20

広島県、緊急事態宣言解除後も集中対策「もうひと頑張り」要請

緊急事態宣言は2021年6月20日で沖縄を除き解除となるが、広島県では7月11日まで独自の集中対策を実施。特に感染者の多い広島市・東広島市・廿日市市では飲食店への時短要請などが行われる

政府は新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言について、2021年6月21日より措置を実施すべき期間・区域を変更すると6月17日に発表。

緊急事態宣言解除後も広島では集中対策継続、全県民で「もうひと頑張り」要請

東京・大阪・広島など10都道府県に出されている緊急事態宣言は沖縄県を除き、21日より解除となります。

東京・大阪など7都道府県は7月11日まで「まん延防止等重点措置」へ移行となるが、広島・岡山は除外されています。

「緊急事態宣言」および「まん延防止」も対象外となる広島ですが、県は独自に「集中対策」を2021年7月11日まで続けると発表しました。

感染者の多い広島市・東広島市・廿日市市を中心に警戒

2021年6月17日に湯崎広島県知事が行った会見では、

県民の協力により県の予測よりも感染者数は低い水準で推移しているものの、人口の多い広島市をはじめ東広島市・廿日市市でも感染状況が比較的高い水準にある

として引き続き警戒を行うと発表。上記3市では酒を出す飲食店に、

  • 営業時間は5時~20時
  • 酒類の提供は11時~19時まで(利用者による店内持込も含む)

など時短要請する。知事の会見(6月17日実施分)内容詳細は、以下の動画よりご確認ください(全32分)。

広島県民への要請内容

集中対策期間では、全広島県民へ向け以下が要請されています。

  • 生活必需品の買い物を含め、週末・平日にかかわらず外出は半分に(通院・通勤・通学を除く)
  • 広島市、東広島市、廿日市市 市民は20時以降は外出しない
  • やむを得ず外出するときは2m以上距離をおく
  • 県をまたぐ移動は最大限自粛[特にまん延防止等重点措置地域との往来はしない]
  • 県内は広島市・東広島市・廿日市市との往来は感染防止対策を徹底するなど注意をする
  • 同居家族以外との食事はしない
  • 広島市・東広島市・廿日市市では、飲食を主とするお店のカラオケの利用はしない
  • 普段なら病院に行こうと思わないような軽い症状でも違和感を感じたらすぐに医療機関へ
  • 無症状でも、気になる場合はPCRセンターを積極的に利用

早く行動制限を解除するために、集中対策で徹底的に抑え込むことを目的とした独自の【集中対策】。広島一丸となって、“もうひと頑張り” が求められています。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads