カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/11/02 Mika Itoh │更新:2021/11/02

オール広島ロケ!比嘉愛未が主演「吟ずる者たち」安芸津の酒蔵が舞台

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 映画ニュース

映画「吟ずる者たち」は、明治時代に日本で初めて吟醸酒をつくった三浦仙三郎の情熱と、彼の『百試千改』の想いに強く惹かれ酒造りの道を歩き出す令和の主人公が時代を超えてモノづくりに情熱を注ぐ物語

映画「吟ずる者たち」が、広島で2021年11月5日より先行公開をスタートします。主演はドラマ「コード・ブルー」や「TWO WEEKS」「レンタルなんもしない人」「推しの王子様」などで活躍する、比嘉愛未。

オール広島ロケ!比嘉愛未が主演「吟ずる者たち」安芸津の酒蔵が舞台

酒造りが盛んな広島。日本で初めて吟醸酒をつくり「吟醸の父」と呼ばれた三浦仙三郎さんも、実は広島県安芸津の出身です。

映画「吟ずる者たち」は、酒造りの暗黒時代に苦労を重ね、「百試千改」をモットーに芳醇な吟醸酒をつくりだした三浦仙三郎の情熱と、時代を超え令和へとその情熱が引き継がれていく様子などが、オール広島ロケで描かれています。

映画「吟ずる者たち」広島ロケ、吟醸の父・三浦仙三郎
映画「吟ずる者たち」場面カット
百試千改とは
ひゃくしせんかい:「百回試して、千回改めよう」という意味。諦めず1つの物事を追求していく精神。

三浦仙三郎はそんな苦労の末に得た吟醸酒の醸造法を文書にまとめ、杜氏養成のために広く公開したという凄い方でもあります。

映画「吟ずる者たち」では、物語は明治と令和の2つに舞台を分け描かれます。三浦仙三郎役に中村俊介、そしてその末裔が継いだ家を実家に持つ令和の主人公・永峯明日香役を比嘉愛未が演じます。

映画「吟ずる者たち」ストーリー・あらすじ

永峯明日香は東京で夢破れ、故郷広島へ。実家は三浦仙三郎の杜氏の末裔が継いだ酒蔵。養女である明日香は、幼き頃から酒造りに興味を持っていたものの、実家を継ぐことは、そぐわないと避けて生きてきた。目標を見失っていた明日香は父・亮治が「家宝」とする三浦仙三郎の手記を目にする――。

映画「吟ずる者たち」三浦仙三郎、百試千改の精神で酒造り
映画「吟ずる者たち」場面カット

「何度も試して直す。なんぼいけんかってもそこを見つけて、直す。わしゃあ負けんど」

明治初期、新米酒造家の三浦仙三郎は、醸造中に中の酒が腐る「腐造」に何度も見舞われる。資金不足、両親、愛する養女の死。逆境の中、腐造を起こさない、安定した日本酒醸造技術の確立に研鑽を重ね、ついに軟水による低温醸造法を導き出す。

広島ロケ「吟ずる者たち」三浦仙三郎「百試千改」テーマに
映画「吟ずる者たち」場面カット

明日香は仙三郎の百回試して、千回改める『百試千改』の想いに強く惹かれる。そんな折、父・亮治が突然倒れ、サラリーマンの兄・創太は、たとえ仕込み中であろうとも蔵をやめるべきだと主張する。三浦仙三郎の想い、父が手帳に残した新酒への想い、明日香は、わだかまりを超え、『百試千改』のモノづくりに入 る決心を固めるが――。

広島ロケ「吟ずる者たち」比嘉愛未が酒造り
映画「吟ずる者たち」場面カット

匠の心意気と技、支える家族、仲間たち。広島の地で、吟ずる者たちのタスキは繋がれた!明治から令和へ。時を経て、想いと一緒に醸される新酒『追花心』は完成できるのか?

映画「吟ずる者たち」予告動画

予告ムービーは以下より。

出演者は、比嘉愛未、戸田菜穂、渋谷天外、ひろみどり、大森ヒロシ、山口良一、今井れん、中尾暢樹、中村久美、奥村知史、川上麻衣子、丘みつ子、大和田獏、中村俊介ほか。

映画「吟ずる者たち」は2021年11月5日から広島先行公開スタートし、順次全国ロードショー。広島での上映劇場は、八丁座Tジョイ東広島呉ポポロ福山駅前シネマモードにて。

©2021 ヴァンブック

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

ads