忍者スタンプ

宮島にスタバ 厳島表参道店、世界遺産を臨む初店舗がオープン!しゃもじアートも

宮島に「スターバックスコーヒー厳島表参道店」が2017年11月22日にオープン。報道陣向けに公開されたオープン前の店舗の様子を詳しくご紹介します。

広島県廿日市市 宮島に「スターバックスコーヒー厳島表参道店」が「宮島ブルワリー」のテナントとして入り、2017年11月22日に同時オープンします。

宮島にスタバ 厳島表参道店、世界遺産を臨む初店舗がオープン!しゃもじアートも

海と山と空、そして厳島神社の大鳥居を眺めながらコーヒーがいただけるこだわりの店舗が完成しました。メニューは他店舗と共通ですが、ここだけの空間演出・おもてなしでコーヒータイムを提供していく。

スターバックスコーヒー厳島表参道店は、海に面した地上3階建ての建物の1・2階に入居。表参道商店街を歩くと一番奥、石鳥居のすぐそばに位置しており、商店街側と海側のどちらからでも店舗に入れる設計となっています。

宮島 スターバックス厳島表参道店 外観画像
画像は商店街側からの外観

1階カウンターは従業員(パートナー)とのコミュニケーションが取りやすいよう、低めに設計。

宮島 スターバックスコーヒー厳島表参道店 店内1階

“気軽にたくさん話しかけてほしい” という気持ちが形になっています。

2階はスタバフロア、明るい店内と大鳥居見えるテラスも

スターバックスコーヒー厳島表参道店の店内外の様子・雰囲気は、以下の動画よりご覧ください。

Youtubeチャンネル


建物の2階は、スターバックスコーヒー厳島表参道店のイートインスペース。

コーヒーの花の写真や、コーヒー豆・しゃもじのディスプレイ(コーヒー農園のキッチンをイメージ)が配された階段を上っていくと

宮島 スターバックスコーヒー厳島表参道店 店内2階への階段

まず目につくのが、宮島の伝統工芸品である「木製しゃもじ」で作られたアート作品。

宮島 スターバックス厳島表参道店 2階のしゃもじアートワーク

しゃもじ730枚を使用し、スターバックスコーヒーロゴのサイレーン(サイレン)のうろこを表現。とてもシンプルなのですが、一つひとつ異なるしゃもじの色や模様も綺麗で、宮島らしさが光っています。

このほか、大きなテーブルや、2名がけ席などがあり、外からの光を取り込む明るい空間となっています。

宮島 スターバックス厳島表参道店 2階店内の様子

宮島 スターバックス厳島表参道店 2階店内の様子2

宮島 スターバックス厳島表参道店 2階店内の様子3

テラス席からは厳島神社の大鳥居を見ることができ、目の前の海や宮島の空気感を味わいながらゆっくり過ごすことが可能。

今回スタバの宮島出店は初ですが、世界遺産が臨める立地への出店もこの店舗が初めて。

宮島 スターバックスコーヒー厳島表参道店 テラス席

店舗開発オフィサー松村氏も「空・海・山のブルーやグリーンに加え、大鳥居の朱色が目に飛び込むこのような良い眺めの店舗は他にない」とコメントしています。

宮島 スターバックス厳島表参道店 店内装飾

店舗3階は宮島ブルワリーのレストラン。こちらは別記事にてご紹介します。

スターバックスコーヒー 厳島表参道店
住所 広島県廿日市市宮島町459-2(地図
営業時間 9時~20時(オープン日は10時~)
定休日 無休
問合せ 0829-40-2205
備考 廿日市市のおでかけマップを見る
ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2017.11.19 18:55 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 グルメ 』の一覧

ads

PAGE TOP