公開:2022/08/08 Mika Itoh │更新:2022/08/04

広島のレトロ喫茶「フルフル」でモーニング!ステンドグラスなど店内も素敵

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島市 中区 グルメ

上品で落ち着いた雰囲気のレトロ喫茶店「フルフル」は、朝9時からモーニング有り。広島の都心にありながらモーニングが600円台で食べられます。パフェやランチなども。

広島市中区三川町。並木通りから1本入った通りのビルの1Fに、コーヒールーム「フルフル」があります。

広島のレトロ喫茶「フルフル」でモーニング!ステンドグラスなど店内も素敵
フルフルで人気の自家製プリン

お店は赤レンガ色の8階建てマンションの1Fに入っており、青と白のストライプのオーニング(入口の日除け・雨よけ屋根)が目印です。

広島のレトロ喫茶「フルフル」外観

中に入ると、窓は全てステンドグラス調になっていて、清潔感のあるレトロな雰囲気!

広島のレトロ喫茶「フルフル」店内の雰囲気

小さなお店ですが、昔ながらの喫茶店の雰囲気を残しながら上品でオシャレにしたような店内で、BGMは静かなジャズが流れています。落ち着いた雰囲気で居心地がいい。

広島のレトロ喫茶「フルフル」上品でオシャレな店内
広島のレトロ喫茶「フルフル」ステンドガラス調の窓が素敵!

筆者は目の前を何度も通ったことのある道だったのですが、こんな所にこんなレトロ可愛いカフェがあったなんて…と、ちょっとテンションが上がりました。

フルフルのモーニングは朝9時から!

フルフルでは、朝9時オープンで11時まではモーニングも提供されています。

広島のレトロ喫茶「フルフル」モーニング4種類

モーニングはすべて、ミニフルーツ&コーヒーor紅茶付きで、

  • ハムトースト(600円)
  • サンドイッチ(600円)
  • 焼サンドイッチ(630円)
  • トースト(600円)

の4種類。モーニングがすべて600円台というリーズナブルな価格なのも嬉しい!以下は、サンドイッチのモーニングセット。

広島のレトロ喫茶「フルフル」サンドイッチ モーニングセット

作りたてのサンドイッチを頬張りながら、淹れたての珈琲の香りに癒されます。

広島の喫茶店「フルフル」のサンドイッチ

ちなみに、卓上に置かれていたこの「おすすめ」が気になって、店員さんに伺ってみたところ、旬の果実を使った100%のフレッシュジュースなのだとか。

広島の喫茶店「フルフル」フレッシュジュースがおすすめ

ぶどうとスモモ、個人的にどちらがおすすめですか?と聞いてみると、すかさず「すもも!」という回答が返ってきたのでこちらも試してみました。

広島市中区美川町の喫茶店「フルフル」旬の果物でつくるフレッシュジュース

すももジュースは人生初でちょっとドキドキだったのですが、これが爽やかで美味しい!夏にピッタリで最高でした。

広島市中区美川町の喫茶店「フルフル」すももジュース

フルフルさんでは、1年を通して旬のフルーツを使ったフレッシュジュースを以下のラインナップで提供されています。

  • いちご(1月~5月頃)
  • ゴールデンキウイ(5月~7月頃)
  • すもも(6月~8月頃)
  • ぶどう(6月~8月頃)
  • ピーチ(5月~7月頃)
  • ラ・フランス(11月頃~)
  • ざくろ(11月中旬頃~)

いずれも期間限定で、好みによってはアイスクリームをのせてフロートにすることも可能(+100円)。

そして以下は、自家製プリン(480円)。

広島のレトロ喫茶「フルフル」自家製プリン、なめらかで美味しい

生クリームがたっぷりのっていますが、プリン自体は上品な甘みのため生クリームとあわせて丁度良い美味しさ。プリンは固い派・柔らかい派で好みが分かれますが、

筆者は柔らかい派のため、ちょうどいい柔らかさとなめらかさで、とても好みでした。

広島のレトロ喫茶「フルフル」赤レンガのビル1Fに

モーニングのほか、ランチやパフェ・フルーツサンドなどもあり。またゆっくり訪れたくなるお店でした。

フルフル
住所 広島県広島市中区三川町4-4 1F
定休日 月曜日
時間 9時~18時 ※時間を確認してお出かけ下さい
問合せ 082-247-5793
備考 広島のカフェ特集
周辺 広島市中区グルメ / 周辺スポット / 中区おでかけマップ

LINEでこのページを送る
   

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際はご確認ください。



カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 グルメ 』の一覧