亀石灯標

亀石灯標は、宮島と対岸に挟まれる海峡「大野瀬戸」にある広島県廿日市市の灯台。緑色で四角形という珍しい形をしている。

亀石灯標(かめいしとうひょう)は、広島県廿日市市にある灯台

亀石灯標(広島県廿日市市・大野瀬戸)

灯標とは、浅瀬と分かりにくい海域などで船が乗り上げないよう、安全に船舶が航海できるための目印として岩や暗礁の上に立っている、海上に設置された灯台のこと。

亀石灯標は、宮島と対岸の間の海峡・大野瀬戸の中央付近に立っている。

亀石灯標(広島県廿日市市・大野瀬戸)

円柱型の灯台が多いなか、亀石灯標は珍しい四角形の灯台で、高さはおよそ10m、色は緑色。

亀石灯標(広島県廿日市市・大野瀬戸)

亀石灯標(広島県廿日市市・大野瀬戸)

大野瀬戸には亀石灯標のほかに、石造りの珍しい聖崎灯台や、一文字防波堤北灯台(上ノ浜港)、丸石港の防波堤灯台、玖波港の防波堤灯台などがある。

大野瀬戸の最狭部にあたる場所にはかつて「新開鼻灯台」が設置されていましたが、1991年に廃止され後に撤去されています。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2021.12.24 [writer]Mika Itoh


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード