大野瀬戸

大野瀬戸は、広島県廿日市市の宮島とその対岸との間を流れる海峡。宮島フェリーが往来する大野瀬戸は牡蠣や「大野あさり」の産地として知られており、穏やかな海峡には無数のカキ筏が浮かんでいる。

安芸の宮島と対岸(廿日市市大野エリア)との間の海峡、大野瀬戸(おおのせと)。

大野瀬戸(全体)
大野瀬戸 全体の様子

大野瀬戸は全長およそ10km。

広島県・大野瀬戸の場所 マップ

幅は最狭部で約500mと狭く潮流が速いため、ここで獲れる魚は身がしまっていて美味しい。

大野瀬戸
大野瀬戸の最狭部(右が宮島、奥は広島市)

大野瀬戸は「広島牡蠣」や「大野あさり」の産地としても知られています。ミネラル豊富で干満差も激しいこの海域には、牡蠣やアサリが美味しく育つ環境が整っています。

大野瀬戸 かき筏
かき筏

大野瀬戸では10月に入ると、牡蠣の水揚げが始まります。

大野瀬戸と牡蠣いかだ
左が宮島、真ん中に亀石灯標、奥は大竹市のコンビナート

宮島に渡る際に乗船する宮島フェリーは大野瀬戸を往来しており、宮島口フェリーターミナルから宮島桟橋旅客ターミナルまでを結んでいます。

大野瀬戸 北側
大野瀬戸をフェリーが行き交う様子

宮島フェリーからは、カキ筏が浮かぶ風景を眺めることが出来ます。

大野瀬戸 西側
宮島の西端と可部島(右)・阿多田島(上)・大野瀬戸(下)

廿日市市大野の経小屋山(きょうごやさん)は、大野瀬戸や宮島全体を見渡すことが出来るビュースポット。

大野瀬戸02

また、経小屋山の麓には宮浜温泉があります。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2021.12.23 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード