野球選手の目の下に、黒いクマ?アイブラックの意味とは

野球選手(カープでいうと丸選手)がデーゲームの時に目の下に付けているクマみたいな黒い線。アレの意味とは…。

プロ野球選手やフットボール選手が目の下にクマのような太い黒のラインをひいたりシールを貼っている姿を見かける事があります。

野球選手の目の下に、黒いクマ?アイブラックの意味とは

カープの選手では、丸選手がよくつけているのを見かけます。

これは「アイブラック」や「ノーグレア」と呼ばれるもので、現在はシールとして販売されており目の下に貼ってまぶしさを抑えるアイテムなのです。

ads

デーゲームは光との戦いでもある

太陽の光がさんさんと降り注ぐいい天気の日のデーゲームは「試合日和」という感じもしますが、グラウンドの芝や土からの光が強く反射するため、目がシバシバしたり色彩感覚が一瞬おかしくなったりすることがあります。

目元が窪むような彫の深い海外の選手の場合は特に、頬で太陽の光が反射して目に影響を及ぼすため これを防ぐために目の下に黒のラインを引き始めたと言われています。

マツダスタジアムの照明

昔は墨などを塗っていたという話もありますが、現在では皮脂や汗に強く洗剤で落とせる専用メイク用具やシールが販売されているようです。

ちなみに、日中は太陽そのもの・夜はグラウンドを照らす強い照明設備の光は直接目に入ると目が見えなくなり、ボールを見失ってしまうことも。

選手たちはグラブを使ったり自分の向きを変えたりして光と戦いながらプレーしています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP