伊能忠敬も滞在した旧柴屋住宅、ももへの手紙 主人公の家モデルにも?

呉市豊町の御手洗地区(大崎下島)にある、旧柴屋住宅。一見、ただの「大昔の家がきれいに保存されている建物」にしか見えませんでしたが、ももへの手紙に登場した 主人公の家にそっくり!また、伊能忠敬がここに身を寄せた という歴史もある建物だった!

呉市豊町の御手洗地区(大崎下島)にある、旧柴屋住宅。一見、ただの「大昔の家がきれいに保存されている建物」にしか見えなかった 当編集部ですが、中に入ってびっくり。

映画 ももへの手紙 で、主人公の「もも」が引っ越して来た先の家に似た要素が沢山あり、ここがモデルになったのではないか?と思うほど。

伊能忠敬も滞在した旧柴屋住宅、ももへの手紙 主人公の家

ももへの手紙 に関する、他の記事はこちらから。

大崎下島 を中心に、ももへの手紙のロケ地になったスポットが紹介されている 瀬戸内宝しまガイドマップ には掲載されていないものの、「ももの家」要素を食べタインジャー的見解からご紹介します。

ads

ももへの手紙 登場人物と記念撮影も撮れる!旧柴屋住宅

旧柴屋住宅は無料で一般開放されていて、写真撮影も可能。ももへの手紙 聖地巡礼(ロケ地巡り)の観光客も多く訪れていました。

劇中に出て来たと思われるものは以下のように▼

居間(「妖怪を見た」と誰にも切り出せないもも が、おじいちゃんに打ち明けたり レモン羊羹を一緒に食べたりしていた、あの居間にソックリ。)
旧柴屋住宅 居間の画像


階段(妖怪たちが住み着いている2階への階段。とても急。)見学者は立ち入る事ができないのでご注意を。
旧柴屋住宅 階段の画像

時計(家を管理するおじいちゃんが、「壊れて修理のしようがないけど、なかったら寂しい」と愛着を持って飾り続けていた時計)
旧柴屋住宅 時計の画像

というところ。また、ここには ももへの手紙の登場人物と一緒に同じポーズをとって写真がとれる等身大(?)パネルが用意されています。
旧柴屋住宅 ももへの手紙

旧柴屋住宅はまた、日本で初めて「地図をつくった人」として知られる 伊能忠敬が1806年に測量の為に大崎下島に着たとき、ここに滞在していたのだそう。

NHKのドラマ「火の魚」でも 主人公の家として登場したこともあるようで 旧柴屋住宅は言わずと知れた 聖地巡礼スポットだったのです。

町並み保存地区内にあるので、昔にタイムスリップしたかのような気持ちになれる そんな旧柴屋住宅なのでした。

旧柴屋住宅 周辺の写真

旧柴屋住宅(くれナビ ページへ)
住所:広島県呉市豊町御手洗字常盤町
詳しい場所を地図で確認する

関連:

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP