乙女座、呉市御手洗に残る昔の映画館!寅さんのロケ地にも

御手洗に1937年に作られた昔なつかしい映画館・乙女座(おとめざ)があります。映画「男はつらいよ」のロケ地にもなったこの場所は、今も中を見学することが出来ます。

乙女座(おとめざ)という古い映画館が、広島県呉市御手洗地区に残っています。乙女座は1937年に作られた劇場で、昭和30年くらいまでは映画館として使われていた建物だそうです。

外観を見ただけでは、何の建物なのか分かりませんが、とても雰囲気のある建物です。上の方には、色褪せた看板が掲げられて「乙女座」の文字が確認できました。

乙女座、呉市御手洗に残る昔の映画館

1937年に建てられた当初は、かなりモダンで目を引く建物だったんじゃないでしょうか。映画館として使われなくなった後は、選果場(大長みかんを仕分するための場所)として利用されていたようですが、

住民の要望によって2002年から劇場として復活。映画館としての働きは終えたものの、中には照明や舞台装置などもあるため、現在も現役で劇場として利用されているようです。

演劇などが無い時は、一般開放(※入場料は一般200円)されているため、中を見学することも可能。

ads

乙女座は、「男はつらいよ」のロケ地にも

乙女座の1階の様子は、以下の動画より。

Youtubeチャンネル

中に入ると、劇場内は畳敷きになっていました!こういうの、新鮮でいいですね!

呉市御手洗の映画館、乙女座 中の様子

観客席部分(畳)から舞台に向けて続く花道が残っていたり、舞台の裏(下)には奈落もあるんだそう。私たちが訪れた時は2012年だったので、

当時 上映中だったこのエリアが舞台となった映画「ももへの手紙」の垂れ幕が、ステージ上に大きく掲げられていました。

乙女座のステージ上に、ももへの手紙

以下は、ステージ側から入口方面を見たところ。

乙女座の中の様子

両側の壁沿いに、紅白の提灯がぶら下げてあります。天井はというと、

乙女座の天井

中央に1カ所、ランプ型の照明があって、その周りにシーリングファンが4つ。2階もあって、こちらにも上がることが出来ました。

上がってすぐのところには、スポットライト用と思われる照明が置かれてあります。

乙女座の2階とスポットライト

2階は壁沿いにだけ作られていて、

乙女座の2階と照明

ステージを2階から見下ろすと、こんな感じ。

乙女座の2階からステージを見た様子

乙女座は、1981年に公開された「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」のロケ地としても、使われた事があるんだそうで、館内にはパネルが置かれていました。

乙女座、男はつらいよのロケ地にも

その他、2011年にはアニメ「たまゆら」の4話と11話にも登場しているとのこと。なかなか見ることの出来ない古い劇場ですが、味があって、劇場内はとても綺麗に維持されています。

乙女座があるエリアは、昔の風景がそのまま残されている場所も多いので、ふらりと歩くのも楽しいですよ。

広島県呉市御手洗の、その他のスポット情報
広島県がロケ地や舞台になった、映画やドラマ・CM作品など

乙女座(おとめざ)
住所呉市豊町御手洗 (地図で確認する
時間9時~17時
入館料一般 200円、高校生 120円、小中学生 80円 (呉市内に在住・在学の高校生以下は無料)
休館日火曜日(祝日の場合は翌日休館) 、年末年始
駐車場なし
問合せ呉市文化振興課 0823-25-3463

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP