ベルギービールウィークエンドが広島で初開催!50種のビール祭

ビール大国・ベルギーのビールを50種類味わえるビールの祭典が、広島で2015年に初開催となります。開催は広島市民球場跡地にて。

ビール王国・ベルギーのビールがズラリと並ぶビールフェス「ベルギービールウィークエンド 2015」が、広島市中区にて開催されます。

ベルギービールウィークエンドが広島で初開催!50種のビール祭

ベルギービールウィークエンドとは、ベルギーの世界遺産であるグランプラス広場で行われているビール祭で、日本では2010年に東京に上陸。以後、好評を得て大阪、名古屋、横浜、福岡、仙台と行われており、広島でのイベント開催は今年初となります。

広島にやってくるベルギービールは、11タイプの50種類。過去に販売されたことのない特別なビールも登場する。

ads

ベルギー音楽と美食のおつまみで、ベルギービールを堪能できる5日間

人口約1000万人という小さな国ながら、ベルギーはビール大国。ビール醸造所は160もあり、1,500種類以上のビールが造られています。

バラエティ豊かなビールが味わえるのはもちろん、日替わりでセレクトされるその日にしか味わえない特別なビールも登場。

広島でベルギービールを堪能
photo / belgianbeerweekend

また、美食の国から自慢の料理も揃うほか、ベルギーのアーティストによるライブも楽しめる。開催は2015年7月8日~12日までの5日間で、会場は広島市民球場跡地(広島市中区基町5)。

イベント開催時間は、8日は16時~22時、9・10日は14時~22時まで、11日は11時~22時、12日は11時~21時までとなり、開催日によって時間が異なるためご注意を。

料金は前売り券が3000円。料金には飲食用コイン11枚とポケットガイドが含まれるとのこと。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP