矢沢永吉が挿入歌、映画 「ラジオの恋」が全国上映へ

映画「ラジオの恋」の全国公開が決定した。出演者には、中国放送アナウンサー 横山雄二のほか、アンガールズの2人も出演。挿入歌には矢沢永吉の曲が使用されている

RCC文化センター(広島県広島市中区)の40周年を記念して制作され、2012年には上野学園ホールで無料上映されていた映画「ラジオの恋」の全国公開が決定した。

矢沢永吉が挿入歌、映画 「ラジオの恋」が全国上映へ
photo by ラジオの恋 公式サイト

広島を舞台にロケを行い、流川や路面電車など地元・広島の風景が多数出てくるこの作品の出演者には、中国放送アナウンサー 横山雄二のほか、アンガールズの2人も出演。

また、挿入歌には広島出身の歌手・矢沢永吉の「アイ・ラブ・ユー,OK」などが使用され、広島出身の時川英之が監督・脚本を手掛けています。

上映が決定しているのは、2015年2月21日に新宿武蔵野館(東京)、2015年3月21日に横浜ニューテアトル(神奈川)、2月28日に中洲大洋(福岡)のほか、シネマ5(大分)、宮崎キネマ館(宮崎)でも順次公開予定。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP