カープを熱烈応援 スタンプ

広島空港にシンガポール直行便が就航、シルクエアー日本初の定期路線に

広島からシンガポールへ直行便が就航!広島空港では2017年10月30日からシンガポールのチャンギ国際空港行きの直行定期便が週3便就航。シルクエアーがボーイングB737-800型機で運航する。

広島空港の国際線に、2017年10月30日よりシンガポール線が就航します。定期航路の運航を行うのは、シンガポール航空の子会社である シルクエアー。

シンガポール航空は、日本で東京、大阪、名古屋、福岡の4都市に就航していますが、シルクエアーが日本の定期路線を運航するのは、広島空港が初めて。

広島空港にシンガポール直行便が就航、シルクエアー日本初の定期路線に
写真はシンガポールのマリーナベイサンズ

広島空港ではかつてシンガポール線を就航していましたが、シンガポールでSARS(サーズ:重症急性呼吸器症候群)が流行し感染者が拡大したことをうけて、2003年で運休となっていました。

シンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
シンガポールの近未来的なテーマパーク「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

広島空港のシンガポール線は、運休から14年半ぶりの復活となります。

シンガポールのチャンギ国際空港は、世界有数のハブ空港であり、乗り継ぎを利用して東南アジアやインド・オセアニア・欧米などへのアクセスも便利になります。

ads

広島空港からシンガポール、週3便就航!発着時間など

広島とシンガポールを結ぶ直行定期便の運航予定についてシルクエアーは以下のように発表しています。

広島空港からシンガポール、週3便就航

広島空港から毎週月曜日、木曜日、土曜日の週3便で、広島空港10:25発、シンガポールの15:40着(いずれも現地時間)。

また、シンガポール-広島便は、毎週月曜日、木曜日、土曜日の週3便で、シンガポールを01:45発、広島に09:30着(いずれも現地時間。執筆時時点の予定時刻)となっています。

この路線を飛ぶのは、ビジネスクラスとエコノミークラスを搭載したボーイングB737-800型機が予定されています。

ads
LINEでこのページを送る

広島スタンプ

2017.06.10 17:50 [writer]Mika Itoh

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  google+  Youtube

関連ワード

PAGE TOP