綾瀬はるか×是枝監督、広島の8月6日を伝える「いしぶみ」2週間限定上映

8月6日に命を落とした遺族の手記をもとに、綾瀬はるかの言葉から頭に映像を浮かべていく映画「いしぶみ」が、全国で上映中。広島県では広島市・福山市・尾道市にて2週間限定で上映されます。

広島テレビが制作した原爆ドキュメンタリーが、2016年7月16日から全国の映画館で順次公開されています。

綾瀬はるかが8月6日を伝える「いしぶみ」広島・尾道の映画館で2週間限定上映
写真提供:広島テレビ

このドキュメンタリー映画は、1969年に広島テレビが制作した番組を、綾瀬はるかの朗読でリメイクし、2015年8月1日に戦後70周年特別番組としてテレビ放送されていたものを再編集した作品。

オリジナル(1969年)の「碑」では、原爆によって命を奪われた中学1年生の手記を、女優の杉村春子が母の立場で朗読した。リメイクされた「いしぶみ」では、広島出身綾瀬はるかが教師という設定で朗読する。


広島県内の映画館では、2016年7月30日から八丁座にて、8月6日から福山駅前シネマモードとシネマ尾道にて2週間限定で上映される予定。

ads


あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP