この世界の片隅に、戦時中の呉市・広島市を描いたアニメ映画に のん(能年玲奈)が声優初挑戦

のん(能年玲奈)が、戦時中の広島県呉市で明るく前向きに生きる女性・すずを描いたアニメ映画「この世界の片隅に」で主人公の声を担当。女優復帰作で声優に初挑戦した。

第2次世界大戦中の広島・呉を舞台に描くこうの史代原作のアニメ映画「この世界の片隅に」が、2016年11月12日より全国公開となります。

映画 この世界の片隅に
(c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

映画「この世界の片隅に」は、戦況が悪化していく中、大切なものを失いながらも、日々を大切に前を向いていく女性・すずを描いた物語。

結婚し広島県呉市に嫁入りしたすずが、戦艦大和や戦闘機などが停留する軍港・呉の町で戦争と隣り合わせに居ながらも、日々を工夫し楽しんで生活する姿が描かれます。

戦争の生々しい映像は少ないものの、この時代を生きた「すず」という女性を通して、平和の尊さや命の重みなどがじんわりと胸に伝わってくる作品となっています。

ads

この世界の片隅に、映画 予告ムービー

公開された映画の予告動画は以下より。


今作の映画化は、クラウドファンディングで全国からの熱烈な支援を受けて制作が決定。音楽はコトリンゴが担当し、カバー曲「悲しくてやりきれない」などが作品を盛り上げている。

また、主役・すず役の声優には、のんが担当。のん は、ドラマ「あまちゃん」のヒットで知られる女優。芸名を「能年玲奈」から改名しており、今作は「のん」としての復帰作となります。

この他、声優を担当したのは、細谷佳正・稲葉菜月・尾身美詞・小野大輔・潘めぐみなど。監督・脚本は、片渕須直。

のん 「この世界の片隅に」出演コメント

Q. オファーを受けた時の気持ちは?
すごく本当に、とんでもなく嬉しくて、なんか地面からふわっと浮いちゃいそうなくらい嬉しかったです!

Q. 声優に挑戦しようと思った理由は?
映像を見させていただいたり原作も読ませていただいて、すごい映画だと思ったので、ぜひやりたいと思いました。

映画 この世界の片隅に、のん(能年玲奈)が声優で主人公すずを担当
改名の能年玲奈「のん」として声優デビュー

Q. アフレコのお仕事はいかがですか?
別世界だなと痛感しました。体全部を使って演技をする時は直接皮膚感を何も考えずに使えるのですけど、声だけでそれを全て表現するのは難しくて、全然違うなと思いました。すごく楽しかったです。

Q. アニメの世界の中に入った印象は?
映像を見させていただいた時、セリフが入っていなくても絵だけですごく泣けてくるというか、ここに声をのせていくのは簡単じゃないなと、心して挑んでいます。すごく嬉しいのですが、(完成が)どんな感じかなって思っています。

Q. 原作を読んでみた感想は?
私は戦争や暴力の描写が嫌いで苦手で、目を向けないで拒んでいたところがありました。(戦争は)非日常なもので別次元のものと思っていたのですが、原作を読ませていただいて、日常と隣り合わせに戦争があったのかもしれないなと感じて、今まで拒んできたものに目を向けてみようと思いました。

Q. 広島弁はいかがでしたか?
難しいですね(苦笑)。標準語でいけちゃうところとかあるんですけど、言葉自体は「何々しとる」とか関西弁っぽいところもある。なのに、イントネーションは標準語、みたいなところがあったりして難しかったです。でも可愛いなと思ったので、頑張ってしゃべりました。

Q. すずさんはどういう女性?共感することなどありましたか?
感情が沸きたった時に、がーって絵を描いていく感じがすごく共感しました。すずさんはぼーっとしていると言われながらも、パワフルでポジティブなところに共感しました。劇中ですずさんがやっているような着物のリメイクにも挑戦してみたいです。


Q.アフレコ中に苦労したことや楽しかったことは?
最初はすごく難しくて、どうしたらいいんだと悩んだんですけど、やっていくうちに絵に息を吹き込むというのが楽しくて。あぁ、声優さんはこういうことをされてたのかと思うと興奮しました。

Q. クラウドファンディングで製作が決定した作品ですが?
観たい映画を一緒に制作していくという、応援してくださってるみなさんがこの映画を一緒に作っているというのが本当に素晴らしいことだなと思います。私もそこに参加させていただけることがすごく嬉しいです。

Q. コトリンゴさんの「悲しくてやりきれない」はいかがですか?
コトリンゴさんの手によって映画の世界に溶け込む音になって流れていて、あの景色に流れてくるのが、心の中に直接、呉の広島の当時の映画の中の空気に触れた気にさせてくれるような感じで素敵でした。

Q. 見どころ・メッセージを
普通に生活しているとか、ただ生きているっていうことが、あぁやっぱり普通っていいな、と思える映画だと思うので、そういうのを感じていただきたいなと思います。そして、是非ご家族を誘って見ていただきたい。大切な感覚を一緒に共有出来ると思うのです。

今月のおすすめ映画

ads


あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP