2月17日は千切り大根の日(切干し大根の日)!こだま食品が制定

2月17日は、千切り大根の日!ってご存知でしたか?実は、広島の乾燥野菜食品メーカー こだま食品が制定した記念日なのです。

2月17日は、千切り大根(切干し大根の日)の日!ってご存知でしたか?この記念日の由来は「千切り大根の生産が2月に最盛期を迎える事と、漢字の”千”をバラして 漢字のニ、数字の1、漢字の”切”の字の七をあわせたもの」といわれており、さらに

2月17日は千切り大根の日(切干し大根の日)!こだま食品が制定

日本の伝統食である 千切り大根文化(切干し大根の日)の発展と次の世代へと引き継がれていく事を願って

と、広島県福山市に総本部を置く 乾燥野菜食品メーカーの こだま食品が制定したそうです。

千切り大根とは 切り干し大根の事を言い、安くて保存性も良いことで知られています。また、乾燥させる事でうまみが増えたり食物繊維など栄養価が高くなったりすると言われていて

乾燥野菜は特にここ最近注目度が高まっていますよね。煮物やサラダに使ったり、おつまみにしたり…といろいろ楽しめ、お財布にも優しいので是非取り入れたい食材。

自分でも簡単に作れる、ウルトラ蒸し生姜も身体をあたためてくれますし、冬にオススメです!

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP