広島のお雑煮レシピ、アレを入れるのが広島ならでは!

地域や家庭によって異なるお雑煮。広島ではどんな具が特徴的なのでしょうか。実際に作ってみたレシピもご紹介します。

お正月三が日の祝い膳として欠かせないのがお雑煮ですが、その土地によって餅の形やだし、具の種類などは様々。土地の気候・風土・風習によってその特徴が異なるようです。

では広島のお雑煮にはどんな特徴があるのか?実際に作ってみました。

広島のお雑煮レシピ、アレを入れるのが広島ならでは!

「全国お雑煮ガイド(農林水産省)」によれば、広島のお雑煮の特徴は

すまし汁に輪切りの野菜、牡蠣と塩ブリを入れた贅沢なお雑煮。牡蠣は「かき取る」に掛ける。丸もちはやわらかく煮る。瀬戸内海沿岸は魚介類が豊富なため、具の種類はいろいろ混在している。焼きあなごやふぐなどを使うところも見られる。

とのこと。これを参考にして編集部が作った「広島のお雑煮」のレシピをご紹介します。

ads

広島のお雑煮レシピと、いろんな家庭の味

▼広島のお雑煮(2名分)

ブリ…………2~4切れ
牡蠣(生食用・むき身)…2~4個
鶏もも肉……4~6切れ
大根…………輪切り4枚程度
にんじん……輪切り4枚程度
かまぼこ……2切れ
水菜…………1束(※今回は小松菜で代用)
水……………お椀2杯分
だし…………こんぶ・かつお・いりこ(粉末だしでも)
しょうゆ……小さじ1~
塩……………小さじ2分の1~
お餅(丸平餅)…2個

(下ごしらえ)
・鶏肉は醤油・酒で下味をつけておく。(分量外)
・牡蠣は大根おろしでふり洗いしてさっと茹でる(分量外)※ねじり梅切りにしました
・ブリは湯通ししておく。
・にんじん・大根はだし汁(分量外)で柔らかく煮る。

(1)こんぶ・かつお・いりこなどでだしをとり、醤油・塩で味を調える。

(2)沸騰したら下味をつけておいた鶏肉を入れてすまし汁を作る。

(3)お餅を少し焦げ目がつくくらいまで焼く。水菜をさっとゆでて3cm幅くらいに切る。

(4)それぞれ用意しておいたブリ・牡蠣・人参・大根・かまぼこ・鶏肉・水菜をお椀に盛り、すまし汁を入れて完成。(ゆずの皮を入れるとまた香もよくなります!)

広島のお雑煮 画像

牡蠣の生産が盛んな広島は、やはりお雑煮にも牡蠣が入りグッとご当地感が高まります。

当サイトフェイスブックページで各家庭のお雑煮について聞いてみたところ、いろんな「お雑煮」が集まりました。

・牡蠣と水菜のみ!塩味、これが美味いんです。

・実家(府中町~廿日市市)は、蛤のお澄ましでした。お祖母ちゃんち(県北)は、牛肉、あと、知り合いは鶏ガラ出汁の、鶏肉と野菜たっぷりのコッテリ味(府中町)。基本、お醤油系でした。

・わが家は、基本的に焼き穴子(頭と骨)からダシをとります。
味の決め手は瀬戸貝ですが、具材は11種類(大根・里芋・蓮根・人参・ゴボウ・結び昆布・コンニャク・穴子・瀬戸貝・蒲鉾・餅)で具沢山です。味付けはお酒とみりんと醤油を少し。ほんのり甘いお雑煮です。(ちなみに、出身は山口県の周防大島です。)

・うちは関東風。鶏でとった透明なお汁に、大根、里芋、三つ葉で、角餅です

筆者のまわりの声と合わせてみても、「牡蠣・鶏肉・水菜・丸平餅」を入れ、「醤油系」の所が多いようでした。各家庭によって異なるお雑煮ですが、それぞれ豪華でお正月らしさを味わえる料理のひとつです。

全国お雑煮ガイド/農林水産省

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP