5000円札が2014年 リニューアル、触って識別しやすく!アプリも登場

5000円札を2014年の夏に向けて新しくすることを財務省が会見で発表。新しい5千円札のデザインは、現在と変わる部分はホログラム(識別シール)で、大きさや形を変えて、触感で識別しやすくする。また、各紙幣を識別できるiPhone(アイフォン)専用アプリも開発

5000円札が2014年の夏に向けてリニューアルすることを財務省が会見で発表しました。5000円札のリニューアルは、目の不自由な人のために 触って識別しやすいように変更されるもので、

新しくなる5千円札のデザインの違う部分は主に、ホログラム(角度を変えると日銀のロゴと5000の数字が見える、お札の表面左下にあるキラキラしたシール部分)の大きさや形を変えて、触感で識別しやすくするというもの。

5000円札が2014年 リニューアル、触って識別しやすく!アプリも登場
photo by wikipedia

紙幣の違いを判別しやすいようにつけられているホログラムですが、視覚障碍者からは「お札の使用頻度によっては識別しにくくなる」という声が出ており、改変することが決定したのだそう。

取り急ぎ改良が急がれるのが5千円札とのことで、2014年の夏の発行を目指して改良していく予定。現在、表には樋口一葉が描かれていますが、これらの模様は変更されず、現在と同じものになるようです。

またこれに合わせて、4種類ある紙幣を識別するための iPhone(アイフォン)専用のアプリも開発すると発表。アプリをダウンロードしてお札(5000円札)にかざすと、「5千円です」といった感じに音声で案内してくれる。


国立印刷局、お札認識アプリ開発 年内めどに無償提供

●お金に関するその他の話題
30女が1人で生きていく為に必要な額は、1億6450万円!
ダンボールの中からコッソリお金を持って行くネコ

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP