ハロウィンはいつ?意外と知らない かぼちゃの意味や習慣

ハロウィンはいつ?意外と知らない かぼちゃの意味や習慣 - 10月31日といえばハロウィン!(正確には10月31日から11月2日まで)日本では仮装してディズニーランドに行ったり お店には ハロウィンのディスプレイがしてありますが この意味、ご存知でしたか? かぼちゃを使う理由など

10月31日といえばハロウィン!(正確には10月31日~11月2日まで)
ハロウィンでは、かぼちゃをくり抜いてオバケの顔にしたり、かぼちゃを使ったお菓子を作ったり、子ども達が仮装して お菓子をもらう為に近所を練り歩いたり…。

そんなイメージで、日本では仮装してディズニーランドに行ったり、お店には ハロウィンのディスプレイがしてありますよね。

この意味、ご存知でしたか?

ハロウィン はいつ?意外と知らない かぼちゃの意味
Photo by wwarby

ハロウィンは元々、ヨーロッパを起源とする「民族行事」。

キリスト教 諸聖人の日の前夜祭り(All Hallows eve)が訛って、ハロウィン(Halloween)と呼ばれるようになったそうです。

10月31日が1年の終わり(=日本でいう大晦日)とされるこの日は、亡くなった人の魂がこの世に帰ってくる日。しかしそれと同時に「魔物」がやってくる ともされていて、

魔物に魂をとられないように 人間が魔物の格好をしてこれを防ぐのだそうです。

ads

なぜ、かぼちゃ? ハロウィンにはこんな意味があった

黄色いかぼちゃをくり抜いてオバケの顔に仕上げられ、中にろうそくの火を灯す、ハロウィンでお馴染みのカボチャの「アレ」は

ジャックランタン(Jack-o’-Lantern)と呼ばれるもの。

その昔、ジャックというケチで乱暴者で人をだましてばかりの男がいた。10月31日のその日もジャックは酒場で飲んだくれていたところ、地獄からやってきた悪魔が、ジャックの魂をとろうとした。 ジャックは魂を取られないために、悪魔を騙して辛い目に合わせ「魂をとらない」と約束させた。そんな彼も年を取り、息を引き取るが 日頃の行いから 天国には行けず、地獄の門を叩いた所、そこには その悪魔が待ち構えていた。 「約束通り、お前の魂は取れない。だから地獄にも入れない。」そう言い放たれたジャックの魂は行き場を見失い、あの世とこの世の狭間をさまようことに。暗い暗いその道中を照らすために与えられた火をジャックは「カブ」の中に入れてちょうちんを作ったのだった。via allabout.co.jp

こういった言い伝えから、カブのちょうちんは亡くなった方の魂のシンボルとなったそう。

いつしかそれがアメリカへと伝わりましたが、アメリカでは、カブは一般的ではなかったようで、身近で大量に採れて中身をくり抜いてちょうちんにしやすい かぼちゃが一般的になったのだと言われています。

ジャックランタン 画像
photo by ハロウィン オーナメントランプ

ちなみに、この黄色いカボチャは甘みが少なく、食感も緑色のかぼちゃには劣るために、沢山採れるアメリカでもあまり口には入らないのだそうです。

日本では主にペーパークラフトなどでの飾り付けで雰囲気を味わうことがほとんどですが、今年は貴方もかぼちゃを彫って、魔除けに悪魔のコスプレしてみる?

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP