2014 ふたご座流星群のピーク(極大)は14日、時間帯と方角は

「年間三大流星群」のうちのひとつ、ふたご座流星群が2014年は12月14日にピーク(極大)を迎える事が分かりました。観測の方角や時間帯など詳細はこちらから

「年間三大流星群」のうちのひとつ、ふたご座流星群が2014年は12月14日にピーク(極大)を迎える事が分かりました。

2014 ふたご座流星群のピーク(極大)は14日、時間帯と方角は

ふたご座流星群は毎年1時間あたり20個から30個程度の流れ星を観測することができる人気流星群。たいてい流星群のピーク時間は夜遅くから朝方にかけて…という事が多いのですが、今年は「夜半前」とのことで眠い目をこすりながら待たなくても観測できそうなのが嬉しいところ!

ads

2014ふたご座流星群の極大時間・観測する方角は?

天体情報サイトAstroArtsによれば、

ふたご座流星群の放射点が、日が沈み空が暗くなった頃に東北東の地平線から昇ってくるため、夜明けまでのあいだ一晩中観察できる。極大時刻は14日21時頃と予想されている(一部抜粋)。

とのことで 観測時間は21時頃。
方角ですが、放射点は時間が経つにつれて天頂までのぼっていき 空のいたるところに流れるため、街灯や月の光を視界に入れないように空全体を広く見渡すのがポイントのようです。

条件が良い時間・場所ならば今年も1時間に20~30前後の流星を見ることができるとみられます。

極大(ピーク)時間が深夜から朝方にかけて…ではないものの、季節は冬本番。防寒対策はしっかりとし、風邪をひかないように防寒対策をしっかりとしてお出かけください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP