カープを熱烈応援 スタンプ

公開日:2018.11.22 伊藤 みさ /最終更新日:2018.11.22

1年で356億!2018年カープが広島にもたらした経済効果

2018年もカープに湧いた広島県。カープが広島県に今年与えた経済効果は356億で、過去最高額になると中国電力が発表。その理由を以下のように挙げられています。

球団初のリーグ3連覇を果たした広島東洋カープ。広島における球団の経済効果(2018年版)は年間約356億円であったと中国電力が試算・発表しました。

広島に356億!2018年カープがもたらした経済効果

この経済効果試算は、レギュラーシーズン~日本シリーズまでのカープ球団関連・球団以外の事業者関連の経済効果をはかったもの。

具体的には以下のようなものが算定対象になっています。

  • 開催試合(観戦チケットや球場での飲食料購入代)
  • グッズ販売
  • 優勝セール 等のイベントに伴う消費支出
  • 観客の交通費、宿泊代
  • カープ預金の追加利払い分の効果

※グッズは、直販店以外の店舗での販売分や球団以外の企業が企画製造するライセンスグッズの効果などは算定対象に含まない。

カープの優勝や活躍にまつわる、広島県の経済効果

25年ぶりのリーグ優勝・日本シリーズ優勝を果たした2016年は353億円、リーグ2連覇を果たした2017年には351億円。

2018シーズンは過去2年をさらに上回っており、経済効果・雇用効果ともに過去最高の水準に達しています。(前年比 約5億円増、雇用効果は約60人増)

効果増大の理由として、ポストシーズン(クライマックスシリーズ+日本シリーズ)の試合数が増加したことや、関連セールの機会が増えたこと、

そしてシーズンを通して好成績が続き、観客動員数が前年比約5万人増加したことなどが挙げられています。

算定対象範囲だけでもこの数字、ということはそれ以外も合わせると果てしなく大きな額の“カープマネー” が動いたことが予想できます。

ads
LINEでこのページを送る
 

忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

ads

ページ上部へ