カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2020.03.13 伊藤 みさ /最終更新日:2020.03.13

カープ認証 ふるシャカ広島版 リニューアル、可愛いおまけシール付き

マツダスタジアムやその周辺で、2020年3月16日に“ふるシャカ”をリニューアルした「ふるシャカ広島版」が発売。カルビーと広島のひとが協働で開発した、カープ坊やパッケージがかわいいスナック菓子です

カルビーから食べられる応援グッズ “ふるシャカ” のリニューアル商品「ふるシャカ広島版 しお味」が、2020年3月16日より発売されます。

カープ認証 ふるシャカ広島版 リニューアル、おまけシールがカワイイ

「ふるシャカ」はカープ坊やが描かれたカップに入っているジャガイモスナック。

蓋がヘルメット型になっているカップを振ると、サイコロ状のポテトスナックがシャカシャカと音をたて、食べるだけでなく応援にも使える!という新感覚のスナックとして2018年3月に誕生しました。

登場から3シーズン目を迎えるにあたり、当初別添えの「のりしお味付けパウダー」が使用後はゴミになって応援の時に邪魔になる、という指摘を改善するとともに内容をリニューアル。

味は「しお味」となり、そのまま食べられる商品へ。また、おまけシールは「背番号シール」から「選手イラスト+広島名物」へとデザインも変更。地域らしさを加えたデザイン全12種類が用意されます。

「ふるシャカ広島版 しお味」は広島駅やマツダスタジアム周辺にて販売され、9月末終売予定となっています。

ふるシャカ、売上の一部は こども夢財団へ寄付

ふるシャカは、広島駅前のBIG FRONTひろしま7階に設置された「カルビーフューチャーラボ」で開発された新商品。

通常カルビーの新商品は、本部がある関東圏の商品開発部門で生まれているそうですが、

カルビーフューチャーラボは既成概念にとらわれず新たな視点から開発を行うためにカルビー創業の地・広島に拠点を置き、社外の多くの人と協働で「ヒット商品を生み出す」ことを目的にチームを結成。

「ふるシャカ のりしお味」は、カルビーフューチャーラボで生みだされた第一弾商品。開発には、広島県内の大学生・企業・主婦・有志のサポーターなどが関わった。


売り上げの一部(ふるシャカ売り上げ1個につき1円)は、公益財団法人ひろしまこども夢財団へ寄付するとのこと。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

ads

ページ上部へ