カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2016.08.27 Mika Itoh /最終更新日:2019.11.18

BIG FRONTひろしま(ビッグフロントひろしま)

BIG FRONTひろしま(ビッグフロント広島)は、JR広島駅の南口正面に建てられた地上52階建ての複合ビル。ビックカメラ広島駅前店などの商業施設や医療施設、オフィスや住居フロアなどがある。

「BIG FRONTひろしま」は、広島駅の南口・Bブロック再開発事業として建設が進められた地下2階 地上52階建ての高さ193mの高層ビル。

ビッグフロントひろしま は、商業施設やホテルを含む複合施設の総称(愛称)。12~52階部分の住居部分は「シティタワー広島」と呼ばれています。

BIG FRONTひろしま(ビッグフロントひろしま)

巨大ビル「ビッグフロントひろしま」は段階的にオープン。

一足早く2016年9月14日にオープンしたビックカメラは、2008年にビックカメラベスト広島店として広島駅そばで営業していましたが、2011年にビックカメラとしての運営は終了しており、今回広島出店は5年ぶり。

ビックカメラ広島駅前店がオープン

下層階は複合施設となっており、ビックカメラ広島駅前店のほか4階には医療施設、5・6階は「広島市総合福祉センター」、4・7階にはオフィスフロアとなっている。

ビックカメラ広島駅前店(ビッグフロント広島のビルに入居)

ビックカメラ広島駅前店
広島駅北口から見ても目立つ「BIG FRONTひろしま」

なお、10~11階は、長くこの地でホテルを営んでいた ホテル川島(全79室)が入居した。

ホテル川島
かつてこの場所で運営していたホテル川島(2013年)解体工事の様子

ビックフロントひろしま 完成するまでの工事の様子

Bブロック再開発を行うため建物の解体を済ませ、2013年4月に着工した BIG FRONTひろしま。以下は工事が始まった(写真左手)頃の様子。

広島駅前の風景と工事の始まったBブロック
駅前風景と工事の始まったBブロック(2014年11月撮影)

形が見え始める。

ビックフロントひろしま 工事の様子
2015年2月撮影

ビックフロントひろしま 工事の様子2
2015年7月撮影

巨大に伸びていくビルが、広島駅前で存在感を放ち始めます。

ビックフロントひろしま(ビックカメラ)工事の様子
2016年1月撮影

BIG FRONTひろしまと、広島駅北口の風景
広島駅北口から見た様子

2016年3月28日には、BIG FRONTひろしまの裏にある猿猴橋の復元工事が完了しリニューアル。以下の写真で猿猴橋の右後ろにあるのは、BIG FRONTひろしまに直結の立体駐車場。

BIG FRONTひろしまと猿猴橋
猿猴橋とビックフロントひろしま / 2016年3月撮影

ビックカメラ広島駅前店 オープン、ホテル川島は10月末目指す
ビックカメラ広島駅前店 / 2016年4月撮影

そして2016年9月14日にビックカメラ広島駅前店がオープン。以後、ホテルや商業施設も続々とオープンしました。

ビックカメラ広島駅前店(ビッグフロント広島のビルに入居)

※内容は執筆時のものです。

BIG FRONTひろしま(ビッグフロントひろしま)
住所 広島県広島市南区松原町5-1 (地図
備考 BIG FRONTひろしま東棟には立体駐車場があり。
平日・休日ともに20分100円(最大1日1400円)
関連 ホテル川島(ビッグフロントひろしま 10~11F)
福屋 広島駅前店(エールエールA館)
・エキシティひろしま
周辺 広島市南区グルメ広島市南区スポット南区おでかけマップ

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 南区 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ