カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.07.07 伊藤 みさ /最終更新日:2019.10.13

カープ物語、泉美術館で「ありがとう新井さん」展示や「鉄人衣笠」紙芝居も

2019年7月11日~9月29日までの夏休みを含む期間、広島市西区の泉美術館にて展覧会「カープ物語」が開催されます。チャンピオンフラッグの展示や選手似顔絵スタンプラリーなど盛りだくさん

泉美術館にて、写真展「見る・知る・楽しむ カープ物語」が2019年7月11日~9月29日まで開催される。

カープ物語、泉美術館で「ありがとう新井さん」展示や「鉄人衣笠」紙芝居も

展示イベント「カープ物語」は、カープの歴史や中国新聞社の球炎記者が語る名場面、カメラマンによる決定的瞬間など、三世代でカープについて「見て」「知って」「楽しむ」イベント満載の写真展。

本企画は、泉美術館で毎年夏に開催されている恒例展示となっています。今年のコンセプトは以下。

原爆ですべてを失った広島で カープは人々の生きる希望だった。ファンの熱狂的な応援に 選手は熱いプレーで応えた。ともに喜び、ともに泣く。先人たちが支え、育てたカープは 広島の誇りであり続ける。

2019年は、選手たちの可愛い似顔絵が押せるスタンプラリーも実施。

泉美術館で写真展「カープ物語」スタンプラリー

会場内4ヶ所に設置されたスタンプ台で、好きなポジションに好きな選手をスタンプしてベストメンバーを完成させられます。

黒田選手が新井選手に贈った「ジャンプ像」などの展示も

「カープ物語」の展示の中には、新井選手の引退セレモニーで山本浩二さんから贈られた「大三振人形」と、黒田博樹さんから贈られた「ジャンプ像」も展示中。

広島カープ 黒田選手が新井選手に贈ったジャンプ像

「ジャンプ像」は、仲間のサヨナラヒットに大喜びした新井さんが、ベンチ前にて思わず大ジャンプをした様子をかたどった銅像で、黒田さんが以下のようにコメントして贈ったもの。

40歳を超えて無意識にこのジャンプができるのは新井しかいない。他の選手のサヨナラヒットを自分のことのように喜んでいて、チームに対しての献身的な気持ちというか、彼の20年間を集約しているようなシーンだと思います

また、「ありがとう新井さん」と題した特別展示も。新井選手が使っていたヘルメットやバットなど、新井選手と共に戦ってきたアイテムも展示されています。

泉美術館で写真展「カープ物語」ありがとう新井さん

その他、カープの歴史が分かる年表や、懐かしい選手のプレーショットやレジェンドたちのアイテム展示、

泉美術館で写真展「カープ物語」選手のユニフォーム

泉美術館で写真展「カープ物語」広島カープ優勝のチャンピオンフラッグ展示

チャンピオンフラッグのレプリカ展示などもあり。

鈴木選手&大瀬良選手と、お立ち台で記念撮影も

会場には「撮影OK」の案内がある、写真スポットも数か所用意されており、

泉美術館で写真展「カープ物語」鈴木&大瀬良とお立ち台フォトスポット

鈴木選手&大瀬良選手と一緒にお立ち台に立てるフォトスポットや、

泉美術館で写真展「カープ物語」鈴木&大瀬良とお立ち台フォトスポット

カープへのメッセージを書いて掛けられる絵馬もあり。9月21日・22日の17時からは、ひろしま紙芝居村による大型紙芝居で「鉄人 衣笠祥雄物語」の追加公演も決定しています。

写真展「カープ物語」は、泉美術館(広島市西区商工センター)にて2019年7月11日~9月29日(10時~17時)まで開催。入館料は一般300円、高・大生150円、中学生以下無料。月曜休館(祝日は開催)

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

ads

ページ上部へ