公開:2022/05/28 伊藤 みさ │更新:2022/05/28

クロボヤ峡は、500本以上のシャクナゲ群生地!東広島市でたっぷり新緑浴

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 東広島市 スポット 観光

東広島市福富町のシャクナゲの群生地、クロボヤ峡。シャクナゲが自生する群落地で、美しく咲き誇る時期にだけ入山可能となります。期間限定のスポットで初夏の散策を楽しんで

クロボヤ峡のシャクナゲが見頃を迎えました。シャクナゲの県内最大級の群生地「クロボヤ峡」があるのは、広島県東広島市福富町。

クロボヤ峡は、500本以上のシャクナゲ群生地!東広島市でたっぷり新緑浴
見頃を迎えた、東広島市のシャクナゲ群生地 クロボヤ峡

毎年、5月頃に淡いピンクの花を咲かせ訪れる人の目を楽しませています。

天然記念物「竹仁のシャクナゲ群落」

クロボヤ峡のシャクナゲ群生地の正式な名称は “竹仁のシャクナゲ群落” 。広島県の天然記念物(昭和26年4月6日)に指定されています。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像2

現地パンフレットによると通常なら渓谷崖上などに生育しているシャクナゲですが、ここには500本以上が自生しているそうで、

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像

この群落のように広範囲に・雑木林の中に天然のまま生育して密度も高い例というのは、稀なのだとか。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像3

ここに咲くのは「ホンシャクナゲ」で樹高は3mほど。ツボミは濃いピンク色をしていますが、漏斗(ろうと)形(※じょうごの形)をした花が咲くと淡い色に見えるものが多い。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像4
シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像5

密集して花を咲かせるので見た目にもボリュームがあります。

シャクナゲが見頃を迎えた、東広島市「クロボヤ峡」の様子

以下の動画は、シャクナゲが見頃を迎えたクロボヤ峡 全体の様子(2022年5月24日撮影)。

2021年は5月3週目頃から見ごろを迎えたそうで、編集部が訪れた2022年5月24日にほぼ満開となっていました(一部には蕾の花も)。

クロボヤ峡の駐車場は2カ所あり、山道のためスニーカー必須

駐車場は、クロボヤ峡の入口付近に10台前後駐車可能なスペースと、少し離れた(入口から約600m)ところに広い「第2駐車場」が用意されています。

入口までの道中は途中から急に細くなり離合困難になる道も通るため、運転は注意が必要。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像14
最初に出会う看板。この先も車は通れるが、道幅が急に狭くなる

シャクナゲが群生しているエリアは保護・管理されているため、駐車場よりも奥へ訪れるには入山料を支払い、パンフレットを受取って散策スタート!

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)門扉の様子

門から最終ポイントの「殿様池」まではおよそ1kmで、緩やかな登り坂が続きます。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像6
シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像7

坂もありますが傾斜は緩やか。歩きやすいですが、舗装されていない山道を歩く為、スニーカー必須。歩きやすい服装・足元で訪れることをおすすめします。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像8
こういう道もある

クロボヤ峡散策時は、虫よけ持参を強く推奨!シャクナゲの「寄り道」ポイントも

道中は「順路」の看板があるので初めて訪れる人も散策しやすい。休憩ポイントや「よりみち」ポイントの案内もありますよ。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像9

群生地としてのみどころは「殿様池」と言われていますが

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像9
「殿様池」を囲むように順路がつくられている

個人的には、休憩所やトイレの近くにある「よりみち」ポイントにあるシャクナゲが、より近くで鑑賞できておすすめです。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像10
シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像11

2018年の西日本豪雨での被災やコロナ禍で一時閉鎖されていましたが、2021年より公開を再開。一部、シャクナゲの木が倒れているところもありましたが、倒れながらも花を咲かせる姿に生命力を感じました。

花にボリュームがあり見ごたえもあるシャクナゲですが、クロボヤ峡は湿原帯であるということから、水辺に生息するユスリカ(と思われる)が訪れる人の頭部などに集まりやすい。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像13
湿地ならではの植物も

特に、静止していると頭やカメラの周りにすぐに小さな虫がブンブンと集まって来てかなり煩わしいため、訪れる際は虫よけの持参をお忘れなく!!

シャクナゲ保護のため、クロボヤ峡の開門は花のシーズンのみ

クロボヤ峡は「谷川」と呼ばれる川沿いに進んでいくと着く、渓谷と湿原から成るスポット。クロボヤ池 と呼ばれる池のほとりに駐車場と門があります。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像12
クロボヤ池

門の先は毎年シャクナゲの開花にあわせて5月頃に公開され、それ以外は入ることはできません。見ごろはその年により異なるため、開花状況は福富町観光協会に問合せてから訪れることをオススメします。(連絡先は記事末尾にて)

天然記念物「竹仁のシャクナゲ群落」で満開みごろ

公開される時期は新緑が美しい時期なので、緑の中を歩くのもまたリフレッシュできますよ。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像14
シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像15

門よりも少し下ったところには小さな滝「シャクナゲの滝」もあるので、シャクナゲ群生地の散策後に元気があればこちらもお散歩してみるとよいかもしれません。

シャクナゲ群生地・クロボヤ峡(東広島市)画像16
クロボヤ峡
住所 東広島市福富町上竹仁 (地図
公開時期 毎年5月~6月頃(年により異なる)
時間 9時~16時
駐車場 あり(無料)
入山料 大人(高校生以上)300円、10名以上団体は200円
子ども・障碍者手帳をお持ちの方は無料
問合せ 東広島市 福富町観光協会(竹仁地域センター内:082-435-2301)
開放期間中(5月上旬~6月上旬頃)の現地情報は(080-1940-8186)まで。
関連 広島県のお花見散策スポット
周辺 東広島グルメ / 東広島スポット / 周辺おでかけマップ

LINEでこのページを送る
   

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際はご確認ください。



カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 東広島市 スポット 観光 』の一覧