公開:2022/05/29 伊藤 みさ │更新:2022/05/30

マツダミュージアム 全面刷新!生産ライン工場見学にファン夢中、リニューアル後は展示車12台増

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 安芸郡 スポット 観光

マツダ広島本社敷地内にあるマツダミュージアムが2022年5月にリニューアルオープン。人気の生産ライン見学を含め、館内の様子を動画と写真でご紹介します

マツダ株式会社の見学施設『マツダミュージアム』が、2022年5月23日より公開を再スタートしました。

マツダミュージアムが全面リニューアル、人気生産ライン見学・展示車プラス

マツダは創業100周年を機に、マツダミュージアムを全面リニューアル!展示車数は36台となり、以前よりも12台多くなっています。

マツダミュージアム 外観

マツダミュージアムは、マツダの広島本社敷地内(広島県安芸郡府中町)に設置されている1994年に開館した施設。

この度の全面リニューアルは100周年の年にあわせて2020年の秋公開予定としていましたが、感染症の影響から1年半延期。ようやくファン待望のリニューアルオープンとなりました。

リニューアルしたマツダミュージアムのポイントは「親しみ」と「ブランド発信拠点としての機能強化」。建屋の面積に変更はありませんが、施設全体の空間デザインや展示内容を刷新。

100年以上続けてきたモノ造りへの想いと、次の100年に向けたマツダのビジョンをミュージアム全体で表現する構成となっています。

マツダミュージアムの展示と工場見学【動画】

以下の動画は、新しくなったマツダミュージアムの様子。

リニューアルオープン初日だったこの日、午前・午後をあわせて83名がマツダミュージアムの見学に訪れました。

そのうち、なんと半分以上が県外からの参加者!遠くは富山県、京都府、神奈川県などから来られた方の姿もありました。

マツダの過去・現在・未来を、展示と見学で体感

マツダミュージアムでは、エントランス部に最新のマツダ車がズラリお出迎え。

マツダミュージアム エントランスの展示車

見学者は館内に入った時からカメラのシャッターを押す手が止まりません!

マツダミュージアム エントランスでいろんな角度から車がみられる
前から、後ろから、近くから・・といろんな角度から愛でることができる

このスペースは見学の後に戻ってきてからもじっくり楽しむことが可能。係の方のアテンドで2階へと進み、マツダミュージアムをグルリとまわっていきます。

マツダの【過去】に触れるゾーン

まずはコルクの生産「東洋コルク工業」からはじまったマツダの歴史や、エンジン開発への挑戦などが写真やテキストで紹介。

マツダミュージアム 歴史の展示
マツダミュージアム 館内の様子1

歩みを進めると時代を経て創り上げられてきたヒストリックカーたちが登場。

マツダミュージアムに展示されている R360クーペ
R360クーペ
マツダミュージアムに展示されている キャロル600
キャロル600
マツダミュージアム 館内・ヒストリックカー展示

世界へと挑戦したクルマやエンジンの展示も。

マツダミュージアム 館内・モータースポーツ参戦時のクルマ展示
マツダミュージアム 館内・モータースポーツ参戦時のクルマ展示2

貴重なラインナップを目の前にし、参加者の興味・テンションはググっとアップ。たっぷりとマツダの【歴史】に触れた後は、【現在】に触れられるゾーンへ。

技術展示でマツダの【現在】に触れる

「より人と環境にやさしく、走る歓びを感じられる夢のエンジン」の開発を続けるマツダの技術展示。

マツダミュージアム 館内・技術展示の様子

安全性能の紹介や、

マツダミュージアム 館内・安全機能の展示

デザイナーの理想的な造形を具現化する金型技術の紹介など。

マツダミュージアム 技術展示1
マツダミュージアム 技術展示2

どれだけの工程を経て車が出来上がっていくのか?安全のためにどういう仕組みが施されているのか?どんなこだわりを持ってつくられているのかなど、マツダの技術を映像・展示を通して知ることが出来ます。

実際のマツダ工場で生産ライン見学!人気車の製造過程を正面で

そして、まさに「今」を感じられる生産ライン見学。

マツダミュージアム 館内・生産ライン見学の様子

“クルマはこうやってつくられている” を目の当たりにするこのエリアに入ると、参加者のテンションはMAXに。

マツダミュージアム マツダ工場の生産ライン見学

「ずっと眺めていられる」「すごい・・!」と思わず声にだして見入る参加者たちの姿は、大人も童心に帰ったように楽しそう。

マツダミュージアム マツダ工場の生産ライン見学に大人も夢中

工場の1階で作業されている様子を2階から眺める形で、長い廊下を歩きながら多種多様のクルマが組み立てられる様子を直接見学することができる。

マツダミュージアム 生産ライン見学
マツダ提供

なお、マツダミュージアムの展示はほぼ撮影可能ですが、工場内や生産ラインは撮影不可となっていますのでご注意を。案内の方の指示に従いましょう。(※本記事は許可を得て撮影しています)

マツダの【未来】ビジョンと、グッズショップ

生産ライン見学の後はマツダの【未来】に触れるゾーンへ。「次の100年に向けたマツダのビジョン」をテーマに、コンセプトカーの展示などがあります。

マツダミュージアム 館内・コンセプトカーの展示
マツダミュージアム 館内・コンセプトカーの展示2

これらの展示を最後に、エントランス・グッズショップエリアへと戻ってきます。

マツダミュージアム 館内・ミュージアムショップの様子

見学の記念やお土産にと、グッズが販売されています。ここでしか販売されていないものもあり。

マツダミュージアム ミュージアムショップ(お土産コーナー)

時間になると見学者用のバスが迎えにくるので、マツダ本社ショールームへと戻って解散となります。

マツダミュージアムは、マツダの広島本社工場エリア内に設置されている施設のため、見学は予約制(利用は無料)となっています。当日は本社ロビー発着のツアー形式になっており、出発~解散までは約2時間。

10名以下での見学は他の方との合同見学となり、午前と午後の2回開催。11名以上のグループや学校団体での見学は、申込されたグループごとの案内となっています。

見学予約について詳しくは、マツダの公式サイトよりご確認ください。

マツダミュージアム
住所 広島県安芸郡府中町新地3-1
料金 無料
所要時間 2時間
見学方法
  • 完全予約制のため事前にマツダホームページより申込が必要。
  • 見学当日は指定される時間にマツダ広島本社に集合
  • 車いすの方は予約前にメールにて問合せが必要
※予約に関する詳細はマツダHPにてご確認下さい。
周辺 安芸郡グルメ / 安芸郡スポット / 周辺おでかけマップ
関連

LINEでこのページを送る
   

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際はご確認ください。



カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 安芸郡 スポット 観光 』の一覧