忍者スタンプ

広島高速5号線、トンネル工事の現場見学会を実施

広島駅北口から山陽自動車道まで直結する高速道路「広島高速5号線」の工事現場が見学会を実施。トンネル掘削機「シールドマシン」の組立の様子やトンネルが出来るまでが解説されました。

JR広島駅の北口で現在工事中の「広島高速5号線」の現場見学会が、2018年4月28日に開催されました。

広島高速5号線、トンネル工事の現場見学会を実施

この日の現場見学会では、トンネル工事をするための穴を掘っていく機械「シールドマシン」が組み立てられている様子や、工事にまつわる機材などが紹介されました。現地は、以下の場所。

広島高速5号線、トンネル工事の現場
見学会資料より

駅北に新社屋が誕生した広島テレビのそば、株式会社イズミの本社横から高速道路へと繋がる道が出来ており、山に突き当たったところから広島高速5号線のトンネル工事が進められています。

広島高速5号線、見学会の様子

見学会のメインは、トンネルを掘る機械「シールドマシン」。この機械はとても巨大で、その重さはなんと、ジャンボ機の約7倍にもなるんだとか。そのお値段も凄く、およそ60億円。

シールドマシン 完成イメージ
シールドマシン 完成イメージ

そのため、現物を運ぶことが困難なので、部品を輸送し現場で組み立てていく。その組み立てには半年以上かかるといいます。

シールドマシン 組み立て中
今はまだ組み立て中

シールドマシンの掘削面は「カッターヘッド」と呼ばれ、ここには沢山のカッターが取り付けられています。

シールドマシン カッターヘッド

これらのカッターで山を削っていきながら、出てきた砂などを吸い込んでいき、

シールドマシンと土砂分離装置
土砂分離装置

その砂は、隣に設置されている「土砂分離装置」の振動で振るいにかけながら処理していく。現場の雰囲気は、以下の動画より。


シールドマシンの組み立ては、1月から8月まで8ヶ月間もかけて行われる予定。組み立てが完成したら、この場所と、反対側の温品からの両方から掘り進めていき、合流させるとのこと。

広島高速5号線のシールドマシン

広島高速5号線は、広島駅北から山陽自動車道の温品ジャンクションまで繋がります。

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2018.04.29 18:00 [writer]Mika Itoh

あわせて読みたい

edit 『 広島市 東区 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ