カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.03.23 伊藤 みさ /最終更新日:2019.03.23

広島・広陵高校キャプテン宣誓で開幕、2019春センバツ「平成締めくくる大会」

広島の広陵高校の秋山選手が2019春センバツ大会の選手宣誓を担当。「平成を締めくくる大会」などの言葉を盛り込み、堂々たる宣誓で甲子園の幕が上がりました

第91回選抜高等学校野球大会が2019年3月23日に開幕。開会式が23日9時より行われ、今回は広島・広陵高校の主将 秋山功太郎選手が選手宣誓。

びっしりと埋まった観客席に見守られながら秋山選手は堂々とした宣誓。春のセンバツの幕が上がりました。

広島・広陵高校キャプテン宣誓で開幕、2019春センバツ「平成締めくくる大会」

秋山主将の宣誓は以下の通り。

宣誓

91回を迎えたこの選抜大会は平成を締めくくる大会です。
今まで多くの先輩方が紡いできた伝統を、私たちは受け継ぎ、新たな時代を築いていきます。

今、私たちはたくさんの方々に支えられ、憧れの場所に立っています。
汗と涙を流し励まし合った仲間、いつも支えてくれる家族、応援してくださる全国の方々に「有難う」の気持ちで、平成最後の甲子園を最後まで諦めず、正々堂々、戦い抜きます。
そして高校生らしいはつらつとしたプレーで、日本中に笑顔の花を咲かせることを誓います。

平成31年3月23日 選手代表 広陵高校硬式野球部主将 秋山功太郎

宣誓後、この日一番の大きな拍手が秋山選手におくられました。

その後、神戸山手女子高校の生徒さんたちが清らかな声で大会歌「今ありて」を歌い、開会式が終了。甲子園球場はこれより、高校球児の戦いの舞台へ。

大会第一試合は、呉高校(広島)vs私立和歌山高校(和歌山)よりスタート。広陵高校(広島)は大会第4日目2試合目(11時30分~)の予定で、青森の八戸学院光星高校との試合となります。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ