忍者スタンプ

広島・岡山・山口・鳥取・島根、中国5県「5つ星」な旅をJTBが提案

中国エリア5県の魅力を再発見できる旅「日本の旬 瀬戸内・山陰」をJTBが企画。宮島水中花火大会の貸切クルーズや日本一危険な国宝「三徳山投入堂」への参拝ツアーなど。

日本の魅力再発見をテーマに、旅行会社のJTBが2018年4月1日から9月30日まで「日本の旬 瀬戸内・山陰」キャンペーンをスタート。

広島・岡山・山口・鳥取・島根、中国5県「5つ星」な旅をJTBが提案

「日本の旬」は、国内旅行の活性化に向けJTBが1988年から継続的に実施しているキャンペーンで、今回は中国エリア5県にスポットが当てられています。

岡山・広島・山口・鳥取・島根の5県を舞台に、キャッチフレーズを「ふたつの海と、心地のいい旅舞台。“海、山、街、食、歴史、ここで過ごす時間が五つ星”」とし、

日本海・瀬戸内海という2つの海に囲まれた環境を持つ中国エリアの、多島美や緑、街並みや海山の幸にめぐまれた食など、背伸びしない“心地いい時間”が過ごせる旅を提案する。

「日本の旬 瀬戸内・山陰」 主な内容

4月は、入手困難となったマツダスタジアムでスポンサードナイター「JTB日本の旬瀬戸内・山陰ナイター」を広島県で実施。

マツダスタジアムでスポンサードナイター

山口県では元乃隅稲成神社角島大橋をめぐる「やまぐち絶景満喫バス」を4~9月に実施。

やまぐち絶景満喫バス

また、鳥取県では日本遺産に登録され日本一危険な国宝と言われる「三徳山投入堂」へ、登山ガイド付きの参拝を4月~5月にかけて実施する。

鳥取「三徳山投入堂」へ、登山ガイド付きの参拝

山口県では、酒蔵をめぐりご朱印感覚でスタンプを集める「御酒印帖」でスタンプラリーを4月~6月に開催する。

5月には、広島の旧日本銀行広島支店跡で「広島夜神楽鑑賞」、県内各所で星が綺麗に見え“星取県”と名乗る鳥取では天文協会のガイド付きの「星取県大山星空観測ツアー」。岡山県では大原美術館「有隣荘」の貸切プランも。

星取県大山星空観測ツアー

6月には、世界遺産の石見銀山(島根県)で「福石場探検ツアー」、7月~8月は山口県の松陰神社見学と松下村塾特別講話や、島根県の国宝松江城夜間貸切プラン。

8月は広島で「宮島水中花火大会」の貸切クルーズ、岡山後楽園では「夏の幻想庭園」など。

また、海に浮かぶホテル・ガンツウの貸切クルーズなども予定されています。

他県からの観光はもちろん、中国エリアに住む人にとってもプチ旅として楽しめそうなラインナップ。この地域ならではの過ごし方を楽しんでみては。詳細はお近くのJTBまでお問い合わせを。

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2018.02.19 07:00 [writer]Mika Itoh

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ