公開:2022/09/18 伊藤 みさ │更新:2022/09/18

広島に線状降水帯で「西日本豪雨に匹敵」する大雨の可能性、今夜から19日にかけ警戒を

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島ニュース

接近する台風14号。風の強さだけでなく、広島では初となる線状降水帯の発生が予測されており雨の被害にも強く注意が呼びかけられています。土砂災害や浸水・高潮・河川の氾濫などに警戒を

風の被害のほか、雨の被害も懸念される大型で非常に強い台風14号は、広島としては初の「線状降水帯の発生予測」が発表されています。これによって長時間降り続く雨と土砂災害・洪水・浸水などに注意が呼びかけられています。

広島初・線状降水帯による大雨の可能性発表、「西日本豪雨に匹敵」

線状降水帯とは、次々と発生する発達した雨雲が列をなし、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または堤体することで作り出される、線状に伸びる強い降水を伴う雨域のこと。※線状降水帯について参考:気象庁

広島でも大きな被害があった西日本豪雨災害の頃から「線状降水帯」という言葉が頻繁に聞かれるようになりました。

大雨災害の発生危険度が増すことから、気象庁・気象台は令和4年(2022年)6月1日より線状降水帯による大雨の危険性を半日前から伝え、報道機関やニュースなどで広く伝えることとなっています。

その線状降水帯の発生予測がこの度広島でも発表されたことも含め、湯崎広島県知事より以下のコメントが県民へ向けて発せられています。

台風第14号接近に伴う県民への知事コメント

以下は2022年9月18日に発表されたコメント。

  • 大型で非常に強い台風14号が、今広島に接近しております。この台風は特別警報級の台風で、過去に類似する台風がないくらい危険な台風とされています。
  • 本県におきましても、非常に強い勢力を維持したまま接近し、明日(9/19)の明け方に暴風域に入りまして、昼過ぎから夕方にかけての最接近が見込まれています
  • 最接近時の最大風速は30メートル、時速換算で108キロメートルの暴風になります。これは、何かにつかまっていないと立っていられない状態になってまいります。また、看板の落下や飛来物による負傷の可能性もあります。
  • また、特に、台風の進行速度が比較的遅いため、雨が長時間降り続いて、記録的な大雨となる可能性もあります。本日夜から明日にかけて、本県では初めてとなる、「線状降水帯による大雨の可能性」の発表があるなど、明日を中心に特別警報級の大雨となって、1時間あたりの降水量が最大60ミリ、総降水量が500ミリに迫るおそれがあります。
  • こういった降水量は、4年前の西日本豪雨に匹敵する降水量であり、大規模な土砂災害や河川の氾濫、洪水が発生する条件を十分満たすことになるものと考えられます。また、過去、類似のルートを通った台風におきましても、死傷者や家屋全壊、床上浸水など、甚大な被害が発生しています。これらのことを踏まえますと、今回の台風14号は最大級の警戒が必要です。
  • 本日夜から明日にかけては、暴風や高波、高潮に加えて、大雨による土砂災害や浸水害、河川の氾濫・洪水に十分警戒して、外出を極力控えてください。また海岸や河川、用水路など、危険な場所には絶対に近づかないでください。
  • 今晩から大雨となりまして、雨量が増えて土砂災害警戒情報が発表されているときには暴風が吹き荒れており、逃げられないことが想定されます。明日の朝は最大風速30メートルの暴風が吹き荒れており、何かにつかまっていないと立っていられない状態です。また、道路等の寸断や河川の氾濫が起きている可能性もあります。
  • 今一度、ハザードマップを確認していただき、土砂災害や河川の氾濫・洪水の恐れがある地域にお住まいの方は、今日中に、安全な場所にある知人や親戚の家、または市町が開設する避難所に、必ず避難していただくようお願いします。市町は避難所開設等の体制を整えています。
  • 繰り返しになりますが、暴風、大雨に最大限の警戒が必要です。これから明日にかけて、特に、大雨による土砂災害、河川の氾濫・洪水の恐れが非常に高まります。危険が迫る前に、災害から命を守る行動をとっていただくよう、重ねてお願いします。

台風情報に関し、最新情報にご注意ください。

LINEでこのページを送る
   

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際はご確認ください。



カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧