カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2020/09/10 伊藤 みさ │更新:2020/09/10

山本二三展、ジブリ作品美術監督の作品約200点 尾道市美術館で

尾道市美術館にて、2020年9月19日から山本二三展が開催されます。日本アニメーション美術をけん引する人物で、ジブリ作品など名だたる作品にかかわり、その世界観を創造してきた人物です

天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女など、日本アニメーション作品のあらゆる美術監督を務め、現在も活躍中の山本二三氏の作品の展覧会

「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が、尾道市立美術館にて2020年9月19日から開催されます。

山本二三展、ジブリ作品美術監督の作品約200点 尾道市美術館で
山本二三展 チラシ(PDF) / 尾道市立美術館

山本二三(にぞう)氏はアニメーション映画の美術監督・背景画家として活躍する人物。

美術監督を初めて務めたのは24歳で宮崎駿演出テレビシリーズ「未来少年コナン」。その後数々の名作にかかわっており、物語の舞台を丹念に取材・あるいは設定し、実在しない空間の温度や空気感までも描き上げる。

美しく・繊細なその背景画で、観る者を一気にその世界へと引き込む山本二三氏の作品。この展覧会では、アニメーション用の背景画を中心とし、その前段のスケッチ・イメージボードなどを含む初期から新作まで約200点を展示。

会期は2020年9月19日~11月15日。休館日は月曜(ただし9月21日は開館)。観覧料は大人800円、高大生550円、中学生以下は無料。

なお、初日9月19日は山本二三氏のトークショー&サイン会を14時より実施。定員30名で先着順となる。詳しくは尾道市立美術館までお問合せください。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ